折り返した図形の角度を求める2つのコツ

図形が折り返しちゃってるんだけど・・・?

中学数学では「角度を求める問題」が出てくるけど、中でも厄介なのが

図形が折られちゃっているパターンだ。

例えばこんな感じの問題↓

じつは、図形の折り返しの問題もカンタン。

2つのコツを知っていれば解けるようになるよ。

 

コツ1.  折り返しても「長さ・角度」はそのまま

図形を折り返ししても、

元の図形の「長さ」や「角度」は変わらない

ことが大原則。


つまり、

折る前の図形

折られて移動した図形

はまったく同じってことだね。

 

たとえば、この三角形を

こんな感じでおったら、

こうなって、

AとBはまったく同じ三角形ってわけ。

業界用語でいうと、2つの図形は「合同」といえるね。

 

合同であることから、


折り返して移動しても「辺の長さ」や「角度」は変わらない、と言えるんだね。

なぜなら、合同な図形は対応する角度、

 

 

辺の長さがそれぞれ等しいっていう性質があるからだ。

 

 

詳しくは「合同な図形の性質」を復習してみてね。

 

 

ここで1つ目の図形を見てみよう。

 

 

ここが折り目になっていて、

 

右下の四角形(台形)が左上に移動したわけだ。

 

「折る前の図形」と「移動した実線の図形」は合同。

つまり、長さや角度はそのままだから、角度がすでにわかってるところがあるね。

 

左上の角度は90度。

 

 

そして、三角形の内角の和は180度だから、180から90と32を引いて、

180 – 90 – 32

= 58

となって、残りの内角で58度。

 

 

さらに対頂角を使って、小さい三角形の内角の1つも58度。

三角形の内角の和は180で、1つが直角90度だから、残りは32度。

 

で、さらに小さな三角形で対頂角を使う。


 

あとはミニ三角形で「外角の性質」を使って

90 + 32

=122

で、xは「122度」になるはず。

こんな感じで、

折り返しても長さや角度が変わらない

と知っておけば、折り返しの問題も解けるはずだよ。

 

その2.  折り目は「角の二等分線」

さっきのことを応用してやると、図形の折り目は「角の二等分線」になってるはずだ。

なぜなら、折る前と折った後の図形が合同だからだね。

 

2つ目の例題を見てみよう。

 

 

この図形は2箇所で折られていて、折り目が2箇所ついているね。

 

折り目が「角の二等分線」であることを使うと、

折り目を挟んでいる角度が等しい

ことになる。

それぞれa、bと置いてやると、

2a + 2b + 40 = 180

っていう方程式が作れるね。

「 a + b 」について解いてあげると、

2a + 2b + 40 = 180

a + b  = 70

ってなる。

 

この問題ではラッキーなことに、

角度 xは「a とbを足したもの」に「40度」を加えたものだ。

よって、「a + b + 40」がxになるはずだね。

 

 

ってことで、「a + b + 40」を計算してみると、

a + b + 40

=70 + 40

= 110

と出てくる。

つまり、xは110度ってわけ。

 

こんな感じで、図形を折り返している角度の問題は、

  1. 折り返しても角度や長さは同じ
  2. 折り目は角の二等分線である

さえ知っていれば大丈夫。

ガンガン問題を解いていこう。

 

そんじゃねー

Ken

もう1本読んでみる

質問する