【中2理科】前線とは何かわかりやすく説明してみた

こんにちは!この記事を書いているKenだよ。深夜に、起きたね。

 

前回は天気の単元で重要な「高気圧・低気圧」を勉強してきたけど、今日はもう一歩踏み込んで

前線とは何か??

を勉強していこう

 

気団とは何か??

前線を勉強する前に理解しておきたいのが

気団(きだん)

という用語だね。

気団とはズバリ、

同じ気温や湿度をもった空気の塊のこと

だね。

Sponsored link
前線とは

 

じつは、ある空気たちが大陸または海の上に長期間とどまっていると、同じ温度や湿度を保った空気になりやすいんだ。

例えば、あつい大陸の上にいくつかの空気が集まってきたとして、しばらくその上にいると、

前線とは

この大陸の高い気温に影響されて、その上の空気と同じように気温の高い空気の塊(気団)になったりするんだ。

前線とは

これは優等生がヤンキーグループに入るとヤンキーになるのと同じ現象だね。

 

 

前線(ぜんせん)とは何か??

そして、いよいよ前線だね。

じつは、天気の世界では、

気温や湿度の違う気団同士が衝突してしまう

という事件が起きることがあるんだ。

前線とは

例えば、 性質の異なる気団A と 気団B が衝突したとしよう。

この時、2つの気団はすぐに交わらず、

境目ができることになる。

Sponsored link
前線とは

この2つの気団の境界面のことを「前線面」、この前線面が地面と交わる部分のことを「前線」と呼んでいるんだ。

前線とは

これはヤンキーとオタクの集団が衝突したときと同じで、まずお互いにすぐに溶け合うわけではなく、境目ができるよね?

それと一緒。

 

 

前線付近では雲ができやすい

そして、

前線付近では雲ができやすい

という特徴があるよ。

 

例えば、冷たい空気と暖かい空気という二つの空気の塊がぶつかったとしよう。

前線とは

じつは、冷たい空気の方が粒子の運動量が小さくて体積が小さくなるから密度が大きい。

対して、あったかい空気は粒子の運動量が増えて体積が大きくなるから密度は小さくなる。

前線とは

そのため、2つの空気の塊が衝突したら、

冷たい空気があったかい空気の下に潜り込んという現象が起きるんだね。

前線とは

なぜなら、冷たい空気の方が、密度が大きくてから下に沈んじゃうからだ。

 

性質の異なる空気の塊がぶつかると、こんな感じで前線ができるはずだ。

前線とは

このとき、あったかい空気は冷たい空気に押し上げられて上昇してしまうよ。

前線とは

雲のでき方で見てきたように、空気が上昇すると断熱膨張が起きてしまって、その上昇した空気が冷えてしまうんだ

結果的に、飽和水蒸気量が下がって水蒸気でいられなくなった水分が水滴として出てきてしまうことになる。

それが雲になるわけだ。

Sponsored link
前線とは

こんな感じで、前線付近は雲ができやすいから天気が変化するきっかけになるってことを忘れないでおこう。

 

そんじゃねー

Ken

Sponsored Link

質問する