テスト前に復習しよう!凝結・露点とは一体何もの??

 

前回は「飽和水蒸気量」っていう天気の単元で重要なキーワードを見てきたね。

今日はもう一つ重要な

  • 凝結
  • 露点

について勉強していこう。

 

凝結とは一体何者??

前回、

飽和水蒸気量とは温度によって変化する

って勉強してきたよね?

温度が下がると飽和水蒸気量が小さくなって、逆に温度が上がると飽和水蒸気量が大きくなるって話だったはずだね。

凝結 露点

この性質を踏まえると、

水蒸気を含む空気が冷えると、含んでいる水蒸気の重さよりも飽和水蒸気が小さくなる

Sponsored link

っていう事態が起きることがあると思うんだ。

凝結 露点

このとき、飽和水蒸気量を超えてしまった水蒸気たちはもはや水蒸気として存在できず、

水滴として出てきてしまうよ。

 

凝結 露点

このように、

空気を冷やして水蒸気が水滴になって出てきちゃう現象のことを

凝結(ぎょうけつ)

と呼んでいるよ。

 

露点とは一体何者??

そして、凝結が始まる温度のことを

露点(ろてん)

と呼んでいるんだ。

例えば、25℃の水蒸気を冷やして15℃で湿度100%になり、空気中の水蒸気が水滴になって出てきちゃったとしよう。

この時、水蒸気が水滴に変わり始めた「15℃」という温度を「露点」と呼んでいるんだね。

凝結 露点
Sponsored link

こんな感じで、凝結と露点はお互いに関係している言葉だから、一緒に覚えちゃった方がいいね。

テスト前によーく復習しておこう!

 

そんじゃねー

Ken

Sponsored Link

質問する