3分でわかる!飽和水蒸気量とは一体何もの?

飽和水蒸気量とは何ものだ??

天気の単元で重要になってくるのが、

飽和水蒸気量(ほうわすいじょうきりょう)

だ。

シンプルにいってしまうと、

1m³の空気が含むことができる水蒸気の重さ

のこと。

飽和水蒸気量とは

中1理科で「水に溶けることができる物質の限界量のこと」を「溶解度」って習ったよね?

じつは、空気にも水蒸気を含むことができる限界があるってわけだね。

 

実はこの飽和水蒸気量というやつは、

Sponsored link

温度によって変化するよ。

 

飽和水蒸気量とは

 

具体的に言うと、次のように変化するんだ(Wikipediaより)。

気温(℃) 飽和水蒸気量(g/m3)
50 82.8
40 51.1
35 39.6
30 30.3
25 23.0
20 17.2
15 12.8
10 9.39
5 6.79
0 4.85
-5 3.24
-10 2.14
-20 0.882
-30 0.338
-40 0.119
-50 0.0381

この表を見るとわかるけど、

温度が低ければ飽和水蒸気量が小さくなる。

逆に、温度が高ければ飽和水蒸気量も大きくなるよ。

 

飽和水蒸気量とは

 

例えば、30° の空気は 1m³ 中 30.3 gの水蒸気を含むことができる。

一方、10° の空気なら 9.39 g しか水蒸気を含めないんだ。

 

 

なぜ温度が高くなると飽和水蒸気量が大きくなるのか?

ここで疑問に思ってくるのが、

なぜ温度が高くなると飽和水蒸気量も大きくなるのか?

ってことだよね。

「めんどくさいから温度が変わっても同じでいいじゃん!」

と思っちゃうもんね。

 

実はこの現象は、

Sponsored link

空気の分子の動きを考えるとわかりやすいよ。

飽和水蒸気量とは

温度が上昇すると、空気を構成している小さな粒子(分子)の動きが活発になるんだ。

飽和水蒸気量とは

分子の動き自体が大きくなるから、当然、空気が大きくなる。

だから、水蒸気を多く含めるようになるってわけ。

飽和水蒸気量とは

逆に、温度が下がると空気の分子の動きも小さくなっちゃう。

水蒸気を含むことができるスペースの余裕がなくなっちまうんだね。

飽和水蒸気量がしっくりきたら、湿度を計算してみよう!

 

そんじゃねー

Ken

Sponsored Link

質問する