【中2理科】電力の求め方がわかる計算公式の覚え方

電力の求め方がわかる計算公式って?

中2理科の電気の分野で新しく出てくるのが「電力」という言葉。

電力とはズバリ、

1秒あたりに使われる電気エネルギーの大きさのこと

だね。単位は発見者にちなんでワット [W]になってるよ。この電力を計算できる公式は

電力[W] = 電圧×電流

だ。電圧をV、電流をI、電力をWとしてアルファベット表記で表すと

W = VI

になるね。

電力 計算公式 求め方

例えば、電源の電圧が10 Vで、ある抵抗に0.2Aの電流が流れたとしよう。

Sponsored link

この抵抗に発生している電力は

電力[W] = 電圧×電流

=10×0.2

= 2 [W]

になるわけだ。

 

 

電力の計算方式の覚え方

電力の計算の公式は簡単。なにせ、

電圧に電流をかけるだけ

だからね。

だがしかし、テストまでに電力の公式を忘れないでいられるかちょっと心配だよね。

そんな時のために電力の公式を覚えられる語呂合わせを考えてみたよ。

 

WにVサイン

だ。

これはアルファベット表記の電力の計算公式を表していて、

  • W →電力
  • に(二)→ =
  • V → 電圧V
  • サインの「イ(I)」→ 電流I

を表しているんだね。

Sponsored link

 

語呂のシチュエーションとしては、

カメラの前で W の形に V サインしてるイケてるやつを想像してみてほしい。

電力 計算公式 求め方

左右の2つでVサインをしてWを作っているわけね。

電力 計算公式 求め方

 

電力公式はオームの法則と絡めると世界が広がる

っていう感じで、語呂合わせで W = VI という電力の公式を覚えてみてね。

あと、電力の公式で知っておきたいのは、

オームの法則を使えば「W=VI」以外の公式に展開できる

ってことかな。

 

前回勉強したオームの法則の公式を使うと、公式の表現の幅が広がってくるんだ。

 

電力 計算公式 求め方

 

例えば先ほどの

W=VI

という公式のVに、オームの法則のV = RIを代入してやると、

W = VI

W = RI²

になるね。つまり、電力は抵抗と電流で表すと、

抵抗値×電流²

になるんだ。

 

同じことが、オームの法則の電流の公式(I = R分のV)でもできるから、電力の公式を抵抗と電圧の大きさだけで表すと、

W = VI

W = R分のV²

になる。つまり、電力は電圧と抵抗値で表すと、

電圧² ÷ 抵抗値

でもあらわせるんだ。

Sponsored link

このように、電力の公式はオームの法則を絡めると力が倍増。

ガンガンこいつで電力を計算してみよう。

 

そんじゃねー

Ken

Sponsored Link

質問する