【中2理科】等圧線とは一体何ものなのか??

等圧線とはなにもの??

中学理科の「天気の単元」で重要になってくるのが、

等圧線

というツールだね。

等圧線とは、

同じ時間に観測した気圧が等しい地点を滑らかに結んだもの

だよ。

 

例えば、 A ・ B・C 地点 という3つの観測地点があったとしよう。

等圧線とは

このとき、正午12時に観測した気圧が3つの地点で1020 hPa だったら、こんな感じで 同じ気圧の3地点を滑らかに結んであげればいいんだ。

等圧線とは
Sponsored link

この線が「等圧線」だ。

 

等圧線の間隔はどれくらい??

実はこの等圧線の間隔にはルールがあって、

1000hPaを基準にして4hPa ごとに実線を引いて、20hPaに太線にする

っていう決まりがあるんだ。

2hPaごとに点線を引く等圧線もあるらしい

 

等圧線とは

 

例えば、990 hPa から1030hPaまでの等圧線をかくとこんな感じになるね↓

等圧線とは

ここでのポイントはやはり、

  • 等圧線の間隔は4hPaごと
  • 20 hPa ごとに太線
  • 2 hPaの間隔は点線に

かな。ルールに従って等圧線を書いてあげれば大丈夫。

 

 

等圧線と風の関係は??

あともう一つ、等圧線で押さえておきたいのは、

等圧線と風の関係

実は「風」というものは、

気圧の高いところから低いところに空気が流れる現象のこと

だったね?

等圧線とは
Sponsored link

 

風の向き

だから、等圧線の気圧が高いところから、低いところに向かって風が吹くことになる。

等圧線とは

気圧は空気の重さによって生じる圧力のことで、高気圧はめちゃくちゃ空気が押されているけど、低気圧はそれほどおされてないから、高気圧の空気が低気圧の空気の方に流れてしまうというわけだね。

 

風の強さ

そして、風の向きだけじゃなくて「風の強さ」も実は等圧線に関係してくるよ。

ズバリ、

等圧線の間隔が狭ければ狭いほど強い風が吹くんだ。

等圧線とは

逆に、等圧線の間隔がゆるければ風が弱くなるね。

等圧線とは

 

つまり、気圧の変化が大きければ大きいほど風の強さが強くなるってわけだね。

この等圧線と風の強さの関係は、

山の斜面にボールを置いたシチュエーション

を想像するとイメージしやすいかな。

等圧線とは

山の上にボールを置いたら転がると思うんだけど、急な斜面の方がボールのスピードが速くなるよね。

これと同じで、気圧の場合も

気圧がどれくらい変化したのか?

という変化量が大きければ大きいほど、風が強くなるんだ。

 

こんな感じで、等圧線の読み方だけではなく、風との関係までおさえておけばバッチリ。

そんじゃねー

Ken

Sponsored Link

1 個の質問と回答

  • 質問する