【中3数学】ルート(平方根)の計算方法における3つのコツ

ルート計算 コツ

Sponsored Link

平方根・ルートの計算方法・仕方にコツはあるの??

こんにちは!この記事をかいてるKenだよ。ブルックリンが呼んでるね。

 

ここまで、平方根の基礎の、

を勉強してきた。

もう、平方根の計算なんてちょれわー

って思ってるよね??

だけどね、ちょっと待って欲しい。

ルートの計算のミスは忘れたころにやってくるんだ。

 

そこで今日は、

ルート・平方根の計算方法のコツ

をおさらいしよう。

Sponsored Link

ガンガン復習しておこうぜ。

 

 

ルート・平方根の計算方法・仕方の3つのコツ

ルート計算のコツはつぎの3つだ。

  1. ルートを簡単にする
  2. 足し算・引き算はべつもの
  3. 分母は有理化しとく

 

練習問題をといてみよう。

 

練習問題

つぎのルートの計算をしてください。

√8 + √2分の5 – √3 × √5

 

 

ルートの計算方法 仕方

 

 

コツ1. 「はじめにルートを簡単にする」

まず、

ルートを簡単にできるかどうか

をみてみよう。

もし、ルートを簡単にできそうなら一番先にやっちまおう。

なぜなら、

整数と平方根にわけて計算できるようになるからね。

 

例題をみてみると、

いちばん左の「√8」を簡単にできそうだ。

なぜなら、中身の「8」には「2の2乗」がはいってるからね。

こいつを外にだせるわけだ。

 

ルートの計算方法 仕方

 

ルートを簡単にすると、

√8 + √2分の5 – √3 × √5
= 2√2  + √2分の5 – √3 × √5

Sponsored Link

になるね。

 

ルートの計算方法 仕方

 

ルートを簡単にする方法をわすれたら復習しよう☆

 

 

 

コツ2. とりあえず分母は有理化しとく

ルートの計算に分数がある??

そういうときは、分母を有理化しちゃおう。

分母からルートを消せばいいのさ。

 

例の計算式では、

√2分の5

の分母に平方根がはいってるね。

 

ルートの計算方法 仕方

 

この「√2」を分母から消したい。

そんなときは、分母・分子に√2をかければよかったね??

 

すると、

2√2  + √2分の5 – √3 × √5
= 2√2  + 2分の5√2 – √3 × √5

になる。

 

ルートの計算方法 仕方

 

分母の有理化をしておくと、

ルートの計算する余地があるのかどうか??

がハッキリするんだ。

 

余地があるんなら、ルートの計算を続行すればいいし、

Sponsored Link

ないんなら計算をやめればいい。

めんどいけど、分母の有理化はやっておこう。

 

 

コツ3. 「足し算と掛け算はべつもの」

ルートの計算の最大の特徴。

それは、

足し算・引き算

掛け算・割り算

がまったく違うってことだ。

 

つぎの計算のルールを覚えてほしい。

  • 足し算 / 引き算 ⇒ ルートの中身がおなじ項の整数だけ計算
  • 掛け算 / 割り算 ⇒ ルートの中身を掛け算、割り算する

 

ルート計算 コツ

 

 

例題ではいったん掛け算をしちゃおうか。

右の項の、

– √3 × √5

が計算できそうだ。

平方根の掛け算では「√の中身」を計算してもよかったよね??

だから、

– √3 × √5
= – √15

になるね。

 

ルートの計算方法 仕方

 

あとは左の足し算。

  • 2√2
  • 2分の5√2

はルートの中身が2で一致してる。

整数部分を足し算してやると、

2√2  + √2分の5 – √3 × √5
= 2√2  + 2分の5√2 – √15
= 2分の9√2 – √15

になるね。

 

ルートの計算方法 仕方

 

これでルートの計算は終了だ^^

 

 

まとめ:ルートの計算方法のコツは3つしかない

ルートの計算はどうだった??

計算のコツは3つのみ。

  1. 最初にルートを簡単にする
  2. とりあえず分母は有理化
  3. 足し算と掛け算はまったくべつもの

ルートの計算問題をといて慣れていこう!

そんじゃねー

Ken

 

↓↓ルート計算のコツを動画にまとめてみたよ↓↓

Sponsored Link