中学生にきいてみた!家庭教師のメリット・デメリット6選

家庭教師を選ぶメリット・デメリット??

こんにちは、この記事をかいてるKenです。

 

お子様が中学生になると、

集団塾にしようか、

家庭教師にしようか?

と迷うことがあると思います。

 

どちらも、メジャーな学習サービスですが、

実際にお子様にどちらがあうのか??

ということは、

やってみないことにわからないですよね。

 

しかも、


サービスを体験するのは親御さん自身ではなく、

中学生のお子様本人。

学習サービスを選んだ後も、

正解だったのか?

不正解だったのか??

が釈然としないことがあるはずです。

 

そんな悩みを解消すべく、今日は、

家庭教師のメリット・デメリット

を6つにしぼってまとめてみました。

弊社のLINE家庭教師サービスに登録している中学生7000人に、

直接ヒアリングすることでわかったものです。

 

家庭教師 メリット デメリット

 

実際に、

家庭教師で勉強してる中学生はどう思ってるのか??

を包み隠さずかいてみました。


よかったら参考にしてください。

 

=もくじ=

  • 家庭教師をえらぶメリット
  • 家庭教師をえらぶデメリット

 

 

 

中学生にきいた!家庭教師のメリット(利点)

まずは中学生にきいた家庭教師の(利点)からです。

 

 

メリット1. 「ワンツーマンで教えてくれる」

最も多かった家庭教師のメリットは、

1対1で教えてくれるから

でした。

 

集団塾では、講師が1: 1で教えられないのが現状です。

塾の先生に質問するためには、

先生を呼び止めなければダメなわけですね。

 

個別指導塾タイプの塾に通ったとしても、

一人の講師は基本的に、

2~3人の生徒

を同時に教えています。

完全にワンツーマンの指導はできていないのです。

 

一方、家庭教師は、

講師1人をお子様だけのために雇う

という贅沢なオプション。

学校や塾では実現できない、

完ぺきな1 : 1の指導をうけられるのが魅力ですね。

 

 

メリット2. 「移動しなくてよい」

つぎに多かった家庭教師のメリットは、

移動しなくてもいいから

とか、

家で勉強できるから

といったものでした。

 

部活や勉強で忙しい中学生は、


ただでさえ時間がなくて困っているようです。

塾に通うとなると、

移動が手間になります。

家庭教師だと先生がきてくれるので、

移動する手間がなくなるわけですね。

 

 

メリット3. 「わかるまで教えてくれる」

最後の家庭教師の利点で、

わかるまで教えてくれるところ

が多かったです。

 

学校や塾では集団授業となります。

クラス平均の学習スピードで授業がすすんでいきます。

そのため、

先生側もやむえず、

わからない生徒を置いてけぼりにすることがありますね、残念ながら。

 

一方、

家庭教師は完全なワンツーマン授業。

(授業のペース) =(お子様のペース)

なのです。

1カ所分からないところがあったら、

家庭教師にわかるまできけるということがあるようです。

 

 

 

中学生だからわかる!家庭教師のデメリット(欠点)3選

つづいては、家庭教師のデメリットについてです。

ここまでいいことづくめでしたが、

なにが家庭教師をえらぶ欠点になるのでしょうか。

 

 

デメリット1. 「家は誘惑がたくさん」

一番多かった意見は、

家には誘惑がたくさんあるから苦しい

というものでした。

仕事を自宅でしようと思ったら、

気づいたら違うことをしていた・・・・!

なんて経験ありますよね??

 

これは中学生のお子様もおなじようで、

家には楽しいことがたくさんあるようです笑

 

いくら家庭教師の先生がいても、

誘惑がたくさんあるので授業から脱線してしまったり、

集中できないことが多いのです。

 

 

デメリット2. 「掃除」

つぎに多かった家庭教師のデメリットは、

先生がくるたびに掃除しなきゃいけない

でした。

「掃除」は家庭にとってメリットですが、

忙しい中学生のお子様にはデメリットになるようです笑

 

たしかに、家庭教師で移動時間は減りますが、

掃除の時間が増えるのはしかたないですね。

 

 

 

デメリット3. 「気疲れする」

家庭教師のデメリットとして多かった意見は、

気疲れすることがある

でした。

家庭教師の講師は、歳が離れたお兄さんお姉さんばかり。

普段中学校では接しないタイプの人間ばかりなので、

気疲れ

という現象が起きます。

しかも、勉強部屋で1:1で過ごさなければならず、

先生との相性が悪かったら息がつまりそうになるでしょう。

相性のよい家庭教師をみつけることが、

家庭教師選びの最大の肝であることは間違いありません。

 

 

まとめ:家庭教師にはメリットもデメリットもある!

家庭教師のメリット・デメリットはいかがでしたか??

集団塾と家庭教師は、サービスの方向性は似ていますが、

メリット・デメリットはものすごく異なります。

集団塾か家庭教師をえらぶ際には、

実際にサービスをうける中学生の声

を参考にして選んでみてはいかがでしょうか。

それでは!

Ken

もう1本読んでみる

質問する