学校のテストで大活躍!赤シートを使った暗記勉強法

学校のテストで暗記しないと・・・!?

テスト勉強していると、

どうしても暗記しなければならない時

があるよね。

例えば、理科・社会の用語とか、英単語とか新しく出てくる漢字とかかな。

 

そんなテスト対策で暗記するときにオススメなのが、

赤シートを使う方法だ。

これは僕が中学生・高校生の時に使っていた暗記方法。

いや、ほんと、赤シートにはお世話になったわ。

かれこれ15年前ぐらいの話になるから、役に立つかわからんけど赤シートを使った暗記方法を書いておくよ。

Sponsored link

 

 

赤シートを使った暗記方法とは?

赤シートとは、文字通り、

赤いシートのこと。

赤シート 暗記勉強法

まあ赤いっちゃ赤いんだけど、半透明になっているのが特徴だ。

赤シート 暗記勉強法

なんと、赤い文字の上に赤シートをかぶせると、

赤い文字が消えるような仕組みになっているんだ。

赤シート 暗記勉強法

使い方も簡単。

暗記したい文字を赤で書いて、その上に赤シートを被せるだけ。

文字が隠れてくれるから、覚えているか確認できるんだ。

赤シートでの確認を何回もすれば、覚えられるようになる勉強法なのね。

いやあー体育会系だね。

 

 

できれば市販の赤シート教材を使おう

この赤シートを使った暗記方法でオススメなのは、

市販の赤シートを使った参考書を買う

Sponsored link

という方法だ。

 

なぜなら、市販の教材を買ってしまえば、自分で教材を作る必要がないからだね。楽。

赤シートや赤ペンを買わなくてもいいし、赤い文字を書く必要もない。

圧倒的な時短で勉強の効率が一気に上がるよ。

例えば、理科・社会だったらこんな感じの参考書があるはず。

本屋で赤シート対応の参考書を探してみるといいね。

 

 

自分で赤シート教材を作れるっちゃ作れる

ただ、自分で赤シートの暗記教材を作ることもできるよ。

  • 赤シート用の赤ペン
  • 赤シート
  • ノートや単語帳

のセットを使えばいいんだ。

覚えたいことを赤ペンで書いて、その上に赤シートをかぶせる。

すると、文字が隠れるから覚えているかチェックできるわけだね。

赤シートまとめ教材なんかを自分オリジナルで作り出すことも可能だ。

 

ただ、僕個人的な意見とすると、この方法はあまりおすすめしないね。

なぜなら、疲れるから笑

試験勉強の鉄則として、

なるべく疲れないことをやる

というのがあるんだけど、「赤シート教材を作る」のはまさに疲れること。

できれば完成済みの参考書を使うといいね。

もし、教科書に載っていない内容を覚えたいという時は、自分で赤シート教材を作ってみよう。

 

そんじゃねー

Ken

Sponsored Link

4 個の質問と回答

  • 赤シートってオレンジペンで書いたものは消えると聞いたのですが、本当ですか?

  • 質問する