【中1理科】3分でわかる!音源・発音体・振幅・振動数・ヘルツ(Hz)とは??

Sponsored Link

中学理科で勉強する「音源・発音体・振幅・振動数・ヘルツ」って何??

こんにちは!この記事を書いているKenだよ。オレンジで糖分補給してるね。

 

中1理科の身のまわりの世界では、

についても勉強していくよ。

その中でも、特に重要なキーワードとなってくるのが、

  • 音源
  • 発音体
  • 振幅
  • 振動数
  • ヘルツ(Hz)

っていう5つの用語だ。

今日は中学理科で勉強する音の世界を完全制覇するために、音の基礎となるこれらの用語を勉強していこう。

 

 

音源・発音体とは何もの??

まずは、

  • 音源(おんげん)
  • 発音体(はつおんたい)

っていう2つの用語から見ていこう。

 

音源とは、

Sponsored Link

音を発している物体のことだ。

音源 発音体 振幅 振動数 ヘルツ

発音体は音源の別名で、2つの言葉は同じものを指しているよ。

食料と食べ物の関係に近いかな。

 

んで、この音源・発音体は、音を出すときに、

必ず振動しているっていうことが重要だ。

たとえば、タンバリンを思い浮かべてほしい。

 

このタンバリンの音源はこのベルみたいな鈴だ。

タンバリンを鳴らしたときのこのベル部分を拡大してみると、振動しているってわけ。

もし、このベル部分を手で押さえつけて振動しないようにしちゃうと、タンバリンが音を発しなくなっちゃうんだ。

 

音源 発音体 振幅 振動数 ヘルツ

こんな感じで、音源とは音を発する物体なんだけど、それと同時に、音を出すときは振動しているってことを頭に置いておいてくれ。

 

振幅とは??

続いては、振幅(しんぷく)だ。

振幅とは、

音源の振動の振動しているとき、振動の中心からの距離のこと

なんだ。

 

たとえば、タンバリンのベル部分が次のように振動していたとしよう。

音源 発音体 振幅 振動数 ヘルツ

このとき、振動の中心からの距離のこの部分が振幅だ。

Sponsored Link

振動の中心から山のてっぺんまでの長さと覚えておけばい

音源 発音体 振幅 振動数 ヘルツ

音の振幅が何を表してるかっていうと、こいつは、

音の大きさのことなんだ。

振幅が大きくなればなるほど大きい音になるし、

音源 発音体 振幅 振動数 ヘルツ

逆に振幅が小さければ小さいほど小さい音になるってわけ。

音源 発音体 振幅 振動数 ヘルツ

 

 

振動数・ヘルツとは??

次は振動数(しんどうすう)だ。

振動数は、

音源が1秒間に振動する回数のこと

なんだ。

たとえば、タンバリンの振動が1秒間にこんな感じで振動していたとしたら、2回同じ指導を繰り返してるから、振動数は2ってことさ。

この振動数が大きくなればなるほど、音が高くなって、

小さくなればなるほど音が低くなるわけね。

音源 発音体 振幅 振動数 ヘルツ

振動を山に例えるなら、1秒間あたりの振動数は山の数だ。

山の数が増えれば増えるほど振動数は大きいことになる。

Sponsored Link

 

じゃあ、ヘルツって何かっていうと、

振動数の単位のことだ。

つまり、さっきのタンバリンが1秒間に2回振動していたら、

このタンバリンの振動数は2ヘルツってことになるのね。

音源 発音体 振幅 振動数 ヘルツ

ちなみに、この「ヘルツ」っていう単位を英文字で表してやると、

Hz

になるよ。

ヘルツ=Hz

ってわけね。

 

 

「音源・発音体・振幅・振動数・ヘルツ」も完璧!

以上が、「音源・発音体・振幅・振動数・ヘルツ」だよ。

最後に復習しておこう。

 

音源とは、音を発する物体のことで、音を出すときには振動していて、

音源 発音体 振幅 振動数 ヘルツ

別名を発音体ともいう。

 

音源が振動しているとき、振動の中心からの幅のことを「振幅」って言って、

音源 発音体 振幅 振動数 ヘルツ

1秒間あたりに振動する回数を振動数っていうんだ(単位はヘルツ)。

音源 発音体 振幅 振動数 ヘルツ

テスト前によーく復習しておこう!

 

そんじゃねー

Ken

Sponsored Link

無料で勉強の質問をする!