【中1理科】3分でわかる!酸素の発生方法(作り方)・集め方・性質

Sponsored Link

酸素の発生方法・集め方・性質を一気に復習しよう!

こんにちは!この記事を書いているKenだよ。プロテイン摂取したね。

 

中学1年生の理科では、気体の性質を勉強していくよね。

ここでは酸素や二酸化炭素、水素など身近な気体たちを発生させたり、そいつらの性質を調べたりしていくよ。

今日は、その内の一つで、特にテストに出やすい、

酸素

にフォーカスしてみよう。

この記事では、

  1. 酸素の発生方法・作り方
  2. 酸素の性質
  3. 酸素の集め方

をわかりやすく解説していくよ。

よかったら参考にしてみてね。

 

 

3分でわかる!酸素の発生方法・作り方

まずは、酸素っていう気体の発生方法・作り方だ。

Sponsored Link

酸素は次の2つの物質を混ぜると発生するよ。

  1. オキシドール(うすい過酸化水素)
  2. 二酸化マンガン
酸素 発生方法 集め方 性質

正確にいうと、オキシドールが分解されて酸素が発生するようになっているんだ。

二酸化マンガンはただただ、オキシドールが酸素になるのをアシストしているだけ。

酸素 発生方法 集め方 性質

だから、二酸化マンガンは2つの物質を混ぜ合わせても全く変化しないで残るわけね。

この二酸化マンガンみたいに、化学変化のときに自分自身が変化せずに、ただ他の物質の反応の速さを変化させる物質のことを「触媒」って呼んでいるよ。

酸素 発生方法 集め方 性質

 

テストに出やすい!酸素の3つの性質

さて、

  • オキシドール(うすい過酸化水素)
  • 二酸化マンガン

を混ぜてようやく酸素を発生させることができたね。

じゃあ、その酸素にはどういう性質があるんだろうね??

中学理科では次の3つの性質を押さえて置けば問題ないぜ。

 

酸素の性質1. 「水にとけにくい」

まず、水に溶けにくい。

酸素 発生方法 集め方 性質

 

酸素の性質2. 「無色・無臭」

色もついてないし、においもなし。

酸素 発生方法 集め方 性質

 

酸素の性質3. 「物質を燃やす働きがある」

ものが燃やす働きもあるよ。

酸素 発生方法 集め方 性質

酸素自体は燃えないけどね。

 

とり逃ししない!酸素の集め方

最後に、酸素の集め方。

Sponsored Link

酸素の集め方は、3つの気体の集め方のうち、

水上置換法

を使って集めていくんだ。

酸素 発生方法 集め方 性質

これは、水で満たしたビーカーの中に、酸素の出口をぶち込んであげて、中に入ってる水と出てくる酸素を置き換える集め方だったね。

 

なぜ、この水上置換で集めるんだろうね??

その理由は酸素の性質に、

水に溶けにくい

という性質があるからなんだ。

水上置換法は、一番確実に気体を集められて、取りこぼしの少なく、発生する気体の様子が可視化できてるから、一番安全な機体の集め方なんだ。

だから、水に溶けにくいっていう性質がある気体なら、一番水上置換法がおすすめってわけだ。

>>詳しくは「気体の集め方」を参照してみてね

 

 

酸素の発生方法・集め方・性質もバッチリ!

以上が、酸素の発生方法・集め方・性質だったね。

最後に復習しておこう。

 

酸素は、

  • オキシドール(うすい過酸化水素)
  • 二酸化マンガン

っていう2つの物質を混ぜることで発生して、

 

酸素 発生方法 集め方 性質

 

酸素には次の3つの性質がある。

  1. 水に溶けにくい
  2. 無色・無臭
  3. 物質を燃やす

 

んで、酸素には「水に溶けにくい」っていう性質があるから、

気体の集め方は「水上置換」を使うんだ。

Sponsored Link
酸素 発生方法 集め方 性質

 

だから、酸素を発生する実験用具の様子は、だいたいこんな感じになるね。

酸素 発生方法 集め方

 

気体の性質・集め方でも酸素は出やすい気体だから、テスト前によーく復習しておこう。

そんじゃねー

Ken

Sponsored Link

1 件の質問

  • 無料で勉強の質問をする!