【中1理科】テストに出やすい!溶解度曲線の問題の解き方

Sponsored Link

溶解度曲線の問題の解き方をマスターしておきたい!

こんにちは!この記事を書いているKenだよ。チキン摂取したね。

 

中1理科のテストで狙わられやすいのが、

溶解度曲線の問題

だ。

たとえば、次のような問題だね。

 

 

今日はこんなタイプの、溶解度曲線に関する問題の解き方をわかりやすく解説していくよ。

よかったら参考にしてみて。

 

 

3ステップでわかる!溶解度曲線の問題の解き方

それじゃあ早速、溶解度曲線の問題の解き方は、つぎの3ステップで攻略できるよ。

  1. 飽和水溶液に含まれる物質の質量をグラフから読み取る
  2. 温度が変わった時の溶解度をグラフから読み取る
  3. 引き算

さっきの練習問題を一緒に解いていこうか。

Sponsored Link

 

Step1. 飽和水溶液に含まれる物質の質量

まずは、飽和水溶液に含まれている物質の質量をゲットしよう。

溶解度曲線から読み取ればいいのさ。

 

物質Aの溶解度曲線を見てみると、温度70℃の時の溶解度は、

120[g]

であることがわかるね。

溶解度曲線 問題

溶解度とは、

水100gの時作った飽和水溶液に溶ける物質の質量

だったね??

 

ってことは、100gの水にはその溶解度分溶けることになるから、

120[g]

の物質Aが潜んでいたということになるね。

 

 

 

Step2. 温度が変わったときの溶解度

続いては、温度が変わったときの溶解度をゲットしよう。

ここでもやはり、溶解度曲線が大活躍さ。

 

練習問題では、

飽和水溶液の温度は30℃に冷やされるんだったよね??

ってことは、物質Aの溶解度曲線から温度30℃のときの溶解度を読み取ればいいのさ。

つまりここでは、

温度が変わったときに、どれくらい水が物質を溶けさせられるか??ってことを読み取るんだ。

Sponsored Link

 

練習問題の溶解度曲線を見てみると、温度30℃のときの溶解度は、

50[g]

らしい。

 

溶解度曲線 問題

 

んで、この溶解度は水100gに対するものだったから、温度が変わった後は、

50 [g]

まで物質Aが水に溶けることができそうだ。

 

Step3. 引き算

後は引き算するだけ。

(飽和水溶液に含まれていた物質の質量)- (温度が変わった時の溶解度)

だ。

 

溶解度曲線 問題

 

この計算では何をやっているかというと、

元々水溶液に含まれていた物質Aの質量から、

温度が変わった時に水に溶けられるマックスの質量を引いてるんだ。

つまり、この引き算をすると、

温度が変わって水に溶けられなくなった物質Aの質量が出てくるわけ。

言い換えると、この物質Aの質量が結晶として出てくる物質Aの質量になるのさ。

 

溶解度曲線 問題

 

練習問題でも同じ計算をしてみよう。

さっきまでのステップで、

Sponsored Link
飽和水溶液に含まれていた物質の質量 120 [g]
温度が変わった時の溶解度 50 [g]

ってことがわかっていたよね。

 

だから、

(飽和水溶液に含まれていた物質の質量)- (温度が変わった時の溶解度)= 120 – 50

= 70 [g]

になる。

つまり、物質Aを30℃まで冷やすと、70 [g]の結晶が出てくるってわけだ。

 

 

溶解度曲線の問題の解き方は3ステップでバッチリ!

以上が溶解度曲線の問題だったね。

解き方は次の3ステップでバッチリなはず。

  1. 飽和水溶液に含まれる物質の質量をグラフから読み取る
  2. 温度が変わった時の溶解度をグラフから読み取る
  3. 引き算

ポイントはズバリ、溶解度曲線の読み方だ。

水の温度を調べて、その温度の時に、溶解度がどうなっているのか??

を読み取ればいいのさ。

テストにも出やすいからよーく復習しておこう。

 

そんじゃねー

Ke

Sponsored Link

5 件の質問

  • 無料で勉強の質問をする!