【中1理科】3分でわかる!地層のでき方

Sponsored Link

地層はどうやったらああなるの??

こんにちは!この記事を書いているKenだよ。バナナ、3本目だね。

 

中学理科で勉強する地層の単元で最も重要なのはいうまでもなく、

地層自身。

そして、

地層がどうやってできるのか?

という地層のでき方が最もテストに出やすく、かつ、これから勉強する地層の単元の理解も深まるようになっているんだ。

今日はそんな地層の単元で鍵を握る地層のでき方をみていこう。

 

 

プレイヤー別に整理しよう!地層のでき方

地層のでき方は、

地層を作るプレイヤーによって分けて考えた方がわかりやすいよ。

ズバリ言ってしまうと、地層を作っているのはこの3人だ。

Sponsored link
  1. 火山
  2. 生物
地層のでき方

 

水のはたらきによる地層のでき方

まず、一番メインとなるプレイヤー、

によって地層ができる方法をみていこう。

地層のでき方

水のはたらきによって地層が作られるときは次の4つのステージを経ているんだ。

  1. 風化
  2. 侵食
  3. 運搬
  4. 堆積

 

まず、山の高いところらへんに転がっている大きくて硬い岩を想像してくれ。

地層のでき方

こいつはものすごく硬くて、とてもじゃないけど削りとるのは至難の技。

しかしながら、そんな硬い岩石も、長い年月をかけて、

気温の変化に晒されたり、風や雨が吹き付けたりするよね??

地層のでき方

その結果、この超硬かった岩石が知らぬ合間にもろくなっていくんだ。この岩石がもろくなっちゃうことを風化というよ。

地層のでき方

風化してもろくなった岩石は無事ではもちろんいられない。

Sponsored link

再び激しい雨風によって削られたり、岩のすぐ近くを通る勢いのある川の流れによってえぐられてボロボロと取れてきちゃう。

地層のでき方

この風化でもろくなった岩が削られることを侵食というんだ。

 

水によって削られた岩石の破片たちは今度は水の流れで運ばれる。

地層のでき方

 

このことを運搬というよ。

重くて大きい岩は重すぎるからよほど流れが強い川の上流までしか運べないけど、小さい粒ほど川が緩やかな場所まで運ばれることになるね。

だから、川の上流では大きい岩たちが、海に近い川口とかでは小さい岩が運ばれるというわけね。

 

ここまできてやっと堆積。

地層のでき方

つまり、この水のはたらきによって運ばれてきた岩どもが積もり始めるというわけ。

さっきも出てきたけど、運ばれる粒の重さによって運搬される距離が変わってくるから、粒の重さ、大きさが似た者同士がグループで固まって降り積もっていくんだ。

こうやって水のはたらきにより地層ができてくるよ。

 

火山

続いて、地層を作るプレイヤーとして紹介するのは火山。

地層のでき方

こいつはどうやって地層を作るかというと、

火山が噴火した時に出てくる火山灰によって地層を作っているんだ。

地層のでき方

たとえば、さっきの地層がある近くの山が突然噴火したしたら、すでに存在している地層の上に火山灰が降り積もるはず。

地層の一番上の層に火山灰の層が一気に積もることになるね。

地層のでき方

 

 

生物

また、プランクトンの生物の死骸も地層を作ってる。

地層のでき方

水のはたらきによって岩の破片などの堆積物が運ばれてこない沖の方では、

プランクトンなどの生物の死骸が地層を形成しているんだ。

Sponsored link
地層のでき方

 

 

まとめ:地層のでき方は3つのプレイヤーに注目して覚えていこう

以上が地層のでき方だよ。

  1. 火山
  2. 生物

が地層を作り出しているんだったね。

地層の基本がしっくりきたら次は化石の種類を勉強して今日学んだ地層のことをいかしていこう。

そんじゃねー

Ken

勉強好きの元塾講師。Qikeruの編集・執筆をしています。学校の勉強をわかりやすく面白くしたいという想いでサイトを始めました。

LINEでの個別指導をご希望の方はこちらから

Sponsored Link

質問する