【中1理科】3分でわかる!沸点と融点の違い

Sponsored Link

沸点と融点の違いってなんなの!?

こんにちは!この記事を書いているKenだよ。チキンスープの匂いがするね。

 

中学1年生の理科では、

  • 沸点
  • 融点

っていう2つのちょっと紛らわしい理科の用語を勉強していくよ。

「沸点」と「融点」はともに、

ある物質が状態変化する温度のことなんだ。

今日はテストでもごっちゃ混ぜにして間違えないように、沸点と融点の違いをわかりやすく解説してみたよ。

よかったら参考にしてみてね。

 

 

3分でわかる!沸点と融点の違い

それじゃあ早速、沸点と融点の違いをみていこう。

 

沸点とは??

沸点とはズバリ、

液体が気体に変化するときの温度のこと

Sponsored link

だよ。

 

たとえば、25℃の液体の水を熱し続けて、100℃にしたとき、水が水蒸気に変化し始めたとしよう。

水 状態変化

 

このとき、この水の沸点は100度だ。

 

水 状態変化

 

なぜなら、液体の水が100度で水蒸気という気体に変化したからね。

縦軸を温度、横軸を熱した時間のグラフをかいてあげると、次の温度が沸点になるはずだ。

 

沸点 融点

 

融点とは??

続いて、融点。

融点とは、

固体が溶けて液体に変化するときの温度のこと

だ。沸点は液体から気体への変化する温度だったけど、今度は固体から液体ってわけ。

 

たとえば、-10℃の固体の氷をあっためていたら、0℃で溶け出して水に変化し始めたとしよう。

 

沸点 融点

このとき、水の融点は0度。

Sponsored link

なぜなら、氷(固体)が水(液体)に変化した温度だからね。

 

沸点 融点

 

温度と熱した時間のグラフをかくと、次の温度が融点ってことになるね。

 

沸点 融点

 

沸点と融点は何によって決まるの??

ここまでが沸点と融点の基礎だったね。

あと、1つ知っておいた方がいいのが、

沸点と融点は物質によって異なる

ってことだ。

物質の量は関係なく、純粋に何が状態変化するのかで決まってくるんだ。

 

たとえば、下の表は、各物質の沸点と融点を記載している表だよ。

物質名 融点 [℃] 沸点 [℃]
1535 2750
1064 2807
0 100
エタノール -115 78
窒素 -210 -196

物質によってここまで沸点と融点が違うとはね・・・!

鉄や金の沸点は半端ないぜ。

 

 

まとめ:沸点と融点の違いは「状態変化のフェーズ」

以上が沸点と融点の違いだったよ。

もう一度復習すると、沸点と融点は両方とも「物質の状態が変化する温度」のことなんだけど、

沸点と融点では、状態変化のフェーズが違うんだ。

 

沸点とは「液体」が「気体」になるときの温度で、

 

水 状態変化

 

融点とは、固体が液体になるときの温度だ。

 

沸点 融点

 

2つの用語は紛らわしいから、テスト前によーく復習して間違えないようにしよう。

 

そんじゃねー

Ken

勉強好きの元塾講師。Qikeruの編集・執筆をしています。学校の勉強をわかりやすく面白くしたいという想いでサイトを始めました。

LINEでの個別指導をご希望の方はこちらから

Sponsored Link

4 個の質問と回答

  • >液体が固体へと変化する温度は何点っていうんですか?

    液体が固体になることを凝固するといって、
    そのターニングポイントだから凝固点だ

  • 無料で質問する