【中2数学】式の値を求める3つのステップ

Sponsored Link

中2数学の「式の値」の問題がむずい??

こんにちは!この記事をかいているKenだよ。カラオケもいいね。

 

中2数学でh「式の値」っていうやっかいなヤツがでてくる。

「式の値」の問題って、

文字式の中の「文字」に数字をいれたときのを求める

っていうやつなんだ。

式の値

文字に数字をいれて計算するだけ!

慣れれば簡単だからガンガン点をとっていこう。

 

今日は中2数学ででてくる、

文字が2つ以上登場する」式の値の問題

Sponsored Link

を解説していくよ。

よかったら参考にしてみて^^

 

中2数学の「式の値」がわかる3ステップ

さっそく「式の値」の解き方をみていこう。

 

つぎの例題をといてみよう!

 

例題

a = 3/2、b = -2/17のとき、次の式の値を求めなさい。

(8a + 3b) -2(3a-7b+1)

式の値

この手の問題は3ステップでちょちょいのチョイさ。

 

Step1. 分配法則で()をはずす!

文字式を簡単にしてあげよう!

チョー簡単な式はそのままでいいんだけど、

()のついた式はもう少しシンプルにしちゃおう。

 

例題の文字式をみると、

(8a + 3b) -2(3a-7b+1)

って感じで()で文字式が太っているよね??

とてもじゃないけどスリムなんかじゃない。

式の値

(8a + 3b) -2(3a-7b+1)

をスリムにするために分配法則をつかってあげよう。

すると、

Sponsored Link

(8a + 3b) -2(3a-7b+1)

= 8a + 3b -6a + 14b -2

になるね!

式の値

どう??だいぶスリムになったよね?笑

 

Step2. 同類項をまとめる!

文字式の()をはずしただけじゃまだスリムじゃない。

式は横に長いし、どうにかしてあげたくなるよね?笑

つぎはもっとシンプルにするために、

同類項をまとめる

っていう荒技で勝負してみよう。

※ 同類項のまとめ方の記事

 

例題でちょっと簡単にした、

8a + 3b -6a + 14b -2

という式にはつぎの3種類の項があるよね?

  •  a
  •     b
  • 数字

同じ文字の項は係数をたしてみよう。

式の値

すると、

2a +17b -2

って感じで文字式がスリムになったでしょ??

 

Step3. 数字を代入する!

最後に文字に数字を代入してみよう。

Sponsored Link

どんな数字を入れればいいのか

ってことは問題にかいてあるよ。

 

この例題では、

  • a = 3/2
  • b = -2/17

って問題で指定されているよね?

こいつらをStep2で計算した超スリムな文字式に代入してあげよう。

式の値

すると、

2a +17b -2

= 2 × 3/2 + 17×(-2/17) -2

=  3 + (-34) -2

= -33

っていう式の値が求まるね!

おめでとう。これで「式の値」もマスターしたね^^

 

まとめ:「式の値」を求める前には文字式をスリムに!

式の値を求める前には必ず、

文字式をできる限りカンタンにする

ってことを忘れずにね!

これなら焦らずに式の値を計算できるはず!

テスト前にもう一度復習してみてね^^

そんじゃねー

Ken

Sponsored Link

無料で勉強の質問をする!

※メールアドレスが公開されることはありません