【中学理科】テストに出やすい!5つの金属の性質

Sponsored Link

中学理科で勉強する金属の性質って??

こんにちは!この記事を書いてるKenだよ。銭湯が呼んでるね。

 

中学1年生の理科では、

金属の性質

を勉強していくよね。

ここでは5つの金属の性質を勉強していくよ。

金属の性質

じつは、この5つのどれか一つでも性質を持っていない物質は、

金属じゃない

ってことになっちゃうんだ。

理科の世界では、

Sponsored Link

非金属

って呼ばれてる。

金属の性質

だから、ある物質が金属なのかどうか調べたい時は、次の5つの性質を持っているかどうか一つ一つ調べてあげればいいわけね。

 

 

中学理科で勉強する!5つの金属の性質

ってことで、金属の性質を5つ紹介するよ。テストに出やすいから要チェックだ!

 

性質1. 「金属光沢がある」

まず一つ目の金属の性質は、

金属光沢(きんぞくこうたく)がある

っていう性質ね。

 

「光沢」って何かっていうと、簡単に言ってしまうと、

光っている

っていうこと。

 

たとえば、金属でできているスプーンがあるとしよう。

こいつは布でゴシゴシ拭いてやると、ピカピカに光るはず。

金属の性質

磨くと光るなら、そいつは金属光沢を持っているということになるんだ。

 

 

性質2. 電気をよく通す

2つ目の金属の性質は、

電気をよく通す

っていう性質だ。

 

金属のある部分に電気ながしてみると、金属の部分はガンガンで電気を通してくれるんだよ。

たとえば、金属でできたスプーンに電池と電球でつないでみるシーンを想像してみて。

Sponsored Link
金属の性質

この時、スプーンは金属だから、ガンガン電気を通しちゃう。

だから、電池から流れてきた電流はスプーンで止まることを知らずに、豆電球まで到達してピカッと光るわけね。

金属の性質

 

 

性質3. 引っ張ると細く伸びる

次の金属の性質は、

引っ張ると細く伸びる

ってやつね。

理科の世界では「延性(えんせい)」って呼ばれてるよ。

 

金属の性質の「延性」でわかりやすいのは、

針金

かな。

針金は元の金属を糸のようにグイグイ引っ張って細く伸ばしたものなんだ。

金属の性質

 

 

性質4. 叩くと伸びて薄く広がる

金属の性質には、

たたくと伸びて薄く広がる

っていう性質もあるよ。

 

これは業界用語で、

展性(てんせい)

とも呼ばれてるよ。

 

展性の例としてわかりやすいのが、

Sponsored Link

金箔

かな。

金属の性質

金箔は簡単に言ってしまうと、

金属を叩いて薄く伸ばしたものさ。

 

 

性質5. 熱をよく伝える

5つ目の金属の性質は、

熱をよく伝える

というもの。

 

たとえば、スプーンの片側を火で炙ってやったとしよう。

金属の性質

すると、金属のスプーンは熱をものすごくよく伝えるから、持っている手の部分がすぐに暑くなってしまって、思わずスプーンを手放してしまうと思うんだよね。

金属の性質

だからもし、スプーンの取っ手の部分が金属じゃなくて、熱を通しにくい木でできていたとしたら、このスプーンは熱いものをすくうとしても安全さ。

金属の性質

 

まとめ:5つの金属の性質が全て揃って金属!

以上が、5つの金属の性質だよ。

  1. 金属光沢を持つ
  2. 電気をよく通す
  3. 引っ張るとよく伸びる
  4. たたくと薄く広がる
  5. 熱をよく伝える

ある物質が金属であるためには、上の5つの全ての性質を持ってるはずなんだ。

どれから一つでも抜けると、その物質は金属じゃない非金属に分類されることになるから要注意ね。

 

そんじゃねー

Ken

Sponsored Link

無料で勉強の質問をする!

※メールアドレスが公開されることはありません