【中2数学】確率問題の解き方がわかる5ステップ

Sponsored Link

確率の問題の解き方がわからない!!

こんにちは!この記事をかいているKenだよ。チャーハンは万能だね。

 

確率の問題ってむずいよね??

場合の数をかぞえたり、

樹形図をかいてみたり・・・・

なんだろう、

大忙しだ。

っていうか、解き方がよくわからないときが多いはず。

 

そこで今日は、

中学数学でつかえる確率問題の解き方を5ステップで解説していくよ。

テスト前に参考にしてみてね。

Sponsored Link

 

 

確率の問題の解き方がわかる5ステップ

確率の問題は5ステップでとけるよ。

  1. 樹形図をかく
  2. すべての場合の数を調べる
  3. あることがらの場合の数を調べる
  4. 確率を公式で計算
  5. 約分する

 

つぎの例題で解き方を解説していくね^_^

 

例題

A・B・Cの3枚のカードを並べるとき、BとCが隣り合わせになる確率を求めよ。

確率問題 解き方

 

 

Step1. 樹形図をかく!

まず樹形図をかいてみよう。

中学数学では場合の数を調べる方法は、

樹形図しか、ない。

だから、

めんどいかもだけど樹形図をかいてみよう。

 

カードA・B・Cの並べ方はつぎのようになるよ。

 

確率問題 解き方

 

>>樹形図の書き方はこちら

 

 

Step2. 「すべての場合の数」を数える!

樹形図から「すべての場合の数」を調べよう。

いちばん右の「実の数」を数えればいいんだ。

場合の数 調べ方

例題の樹形図では「6」だね??

 

確率の解き方

 

つまり、

すべての場合の数は「6通り」あるってことさ。

Sponsored Link

 

 

Step3. 「あることがら」の場合の数をしらべる!

「求めたいことがら」の場合の数をしらべよう。

 

例題でいうと、

BとCが隣り合わせになる場合の数

をしらべればいいんだ。

 

樹形図をみてみると、

4通りってことがわかるね。

 

確率問題 解き方

 

 

 

Step4. 公式で確率を計算!

あとは確率の公式で計算するだけ。

あることがらAが起きる確率は、

(Aが起きる場合の確率) = (ことがらAが起きる場合の数)÷(すべての場合の数)

だったよね??

確率の求め方 公式 計算式

これを使おう。

 

例題でいうと、

  • BとCが隣り合わせになる場合の数:4
  • カードの並べ方すべての場合の数:6

だ。

 

ってことは確率の計算式をつかえば、

(BとCが隣り合わせになる確率)

=(BとCが隣り合わせになる数)/(すべての場合の数)

= 4/6

になるはず。

Sponsored Link
確率の解き方 

 

Step5. 約分する!

最後に約分しよう。

約分しなくても間違えじゃない。

だけど、先生によっては×にされるかもしれない

約分して分数を簡単にしよう

 

例題の確率は、

6分の4

だったよね??

こいつを約分すると、

3分の2になる。

 

確率 解き方

 

これがきれいな確率の答えだよ^^

 

 

 

 

まとめ:「約分」までが確率の問題の解き方!

帰るまでが遠足

ってよくいうよね。

だけど、確率では、

約分までが確率だよ。

もう一度約分できるか疑ってみよう!

そんじゃねー

Ken

Sponsored Link

無料で勉強の質問をする!

※メールアドレスが公開されることはありません