【計算公式】直方体の表面積の求め方がわかる3つのステップ

Sponsored Link

直方体の表面積の求め方の公式ってあるの??

こんにちは、この記事をかいているKenだよ。ティッシュは便利だね。

 

直方体の表面積の求め方にも公式があるよ。

タテの長さをa、ヨコの長さをb、高さをcとすると、

2(ab+bc+ac)

で直方体の表面積が計算できちゃうんだ。

直方体 表面積 求め方 公式

つまり、

「タテ」と「ヨコ」と「高さ」をそれぞれかけたものを足して、それを2倍すればいいってこと!

どう?? むちゃくちゃ便利じゃない??

 

 

直方体の表面積の求め方がわかる3つのステップ

だがしかし。

Sponsored Link

直方体の表面積の公式をテストで忘れちゃうこともある

今日はそんなときに備えて、

公式に頼らない「直方体の表面積の求め方」を3つのステップで解説していくよ。

テスト前に確認してみてね^^

 

つぎの例題ときながらみていこう。

 

例題

タテ 4cm、ヨコ 3cm、高さ5cmの直方体の表面積を計算してみな!

直方体 表面積 求め方 公式

 

 

Step1. 3種類の「長方形の面積」を計算する!

直方体の表面積は3つの長方形でなりたっているんだ。

まずはそいつらの面積を計算してくよ。

 

えっ。なぜ3種類なのかって??

それは、直方体の展開図をかいてみるとわかるんだ。

直方体 展開図 書き方

展開図をよーくみてみると、

(1)、(2)、(3)の3種類の長方形しかないことがわかる。

直方体 表面積 求め方 公式

まずはこいつらの面積を計算してあげよう。

長方形の面積の求め方は「タテ×ヨコ」だから、

直方体 表面積 求め方 公式
  • 3×4 = 12
  • 5×3 = 15
  • 5×4 = 20

になるね!

Sponsored Link

 

Step2. 長方形の面積を足し合わせる!

3つの長方形の面積を足し合わせてみよう!

12 + 15 + 20

= 47

って感じで!

直方体 表面積 求め方 公式

 

 

 

Step3. 長方形の合計を2倍する

最後は3つの長方形の合計を2倍するよ。

なぜ2倍するのか??

それは、

直方体の展開図には3種類の長方形が2つずつあるから

なんだ。

直方体 表面積 求め方 公式

 

 

例題でいうと、3つの長方形の面積の合計は「47平方センチメートル」だったね??

こいつを2倍してやると、

94平方センチメートル

になる。

直方体 表面積 求め方 公式

これで直方体の表面積を計算できたね!おめでとう^^

 

 

まとめ:直方体の表面積の求め方は意外とシンプル!

直方体の表面積の公式はどうだった??

3種類の長方形の面積を足して、それを2倍するだけ!

直方体の表面積の問題がでたらバンバン解いていこう。

Sponsored Link

そんじゃねー

Ken

Sponsored Link

4 件の質問

  • 立方体の場合は、どうやって計算するんですか❔

  • 無料で勉強の質問をする!