【中2理科】台風とは何かをわかりやすく説明してみた

台風って結局なんなの?

こんにちは!この記事を書いているKenだよ。手紙、したためたね。

 

天気のニュースでよく「台風」という言葉を耳にするけど、こいつは一体何なんだろうね?

経験的にはわかってるつもり。

むちゃくちゃ風が強くて、雨もたくさん降って、時には氾濫とか川の増水とか大きな災害をもたらすものと思ってる。

だけど、

実際どういうものが「台風」という呼ばれるんだろうね?

今日はこの台風の正体に迫っていこう。

 

台風とは一体なにものなの?

台風とは、次の3つの条件をすべて満たすもののことを言うよ。

  1. 熱帯低気圧である
  2. 「北大西洋」および「南シナ海」で発生
  3. 最大風速は毎秒17 m以上

どれか1つでも欠けていたらそれは台風じゃないってことだ。

 

熱帯低気圧である

まず1つ目の条件は、

Sponsored link

台風は「熱帯低気圧」の一種である

ってこと。

熱帯低気圧とは、

むちゃくちゃあったかい海の上で発生する低気圧のこと。

 

 

具体的にいうと、

赤道に近い海の近辺で発生するんだ。専門用語でいうと、

  • 熱帯
  • 亜熱帯

の地方で発生する低気圧。

なぜ、赤道に近いところで発生しやすいかというと、

赤道近くは日照時間が長いし、太陽にもちょっと近くて気温の上昇がしやすいからなんだ。

 

「温められて空気が上昇する」という原因で低気圧が発生しやすいわけ。

空気が上昇すると、密度が小さくなるから低気圧になるのさ。

だからあったかい海のど真ん中でも低気圧が発生しちゃうんだ。

Sponsored link

 

「北西太平洋」または「南シナ海」で誕生

そして、すべての熱帯低気圧が台風ってわけじゃないことに注目。

実は、

どこで発生するか?

という誕生場所も大事なんだ。

 

熱帯低気圧のうちほ

北西太平洋

もしくは

南シナ海

で発生した熱帯低気圧ではないと台風ではないんだ。

 

「北西太平洋」または「南シナ海」と言われてもピンとこないと思うから、1つずつみていこう。

「北西太平洋」とは赤道より上、東経180度より左の太平洋のこと。

「南シナ海」とは、その名の通り、中国(シナ)の南にある海のことで、地図で表わすとここらへん。

ってことで、まとめると、「北西太平洋」または「南シナ海」とは地図でいうとここら辺。

ここで発生した熱帯低気圧じゃないと「台風」ではないんだ。

 

風速が「毎秒 17 m」以上のもの

しかしながら、熱帯低気圧でかつ、発生した場所が「北西太平洋または南シナ海」だったとしても、まだ台風じゃないかもしれない。

最後のポイントは「風速」だ。

「最大風速が毎秒17 m以上のもの」ではないと台風ではないと定められているよ。

 

 

つまり、

1秒間で17 m 進む速さの風を出せない熱帯低気圧は台風じゃないってことになる。

 

100 mを5.88秒で動く速さってことだから、まあ、ウサイン・ボルトより速いよね。

どうりで台風が上陸すると風が強くなるわけだ。

Sponsored link

 

 

台風の条件は厳密だった!

これらすべての条件を満たした熱帯低気圧が台風と呼ばれるもの。

 

1つでも条件が欠けたら台風じゃないんだ。

例えば、太平洋の東で発生してもアウトだし、最大風速が毎秒10mでもダメ。

  1. 熱帯低気圧である
  2. 「北大西洋」および「南シナ海」で発生
  3. 最大風速は毎秒17 m以上

台風を感覚的に理解すると同時に、

どういうものが「台風」として定義されているのか?

も頭に入れておこう。

せっかくだから、次は「ハリケーンと台風の違い」を解説していくよ。

 

そんじゃねー

Ken

 

【参考記事】

Sponsored Link

質問する