3分でわかる中学理科!熱量の求め方がわかる計算公式

熱量の求め方を教えてほしい!

中学2年生の電気の分野では色々な公式でできて大変だよね。

に加えて、もう一つ勉強しなきゃいけないのが

熱量を求める計算公式

だね。

「熱量」とは簡単に言ってしまうと、

電流を流したときに発生する熱量のこと

だ。単位はジュール [J]を使っていくよ。

で、この熱量の計算公式は次の式で表すことができるんだ。

熱量=電力×時間

だね。

Sponsored link
熱量 求め方 公式

 

熱量をJ、電力をW、電流が流れた時間をsとすると、

J=Ws

になる。

それもそのはずで、「電力」というのは1秒あたりに生じる電気エネルギーのことだったね?

この電力に電流が流れた秒数をかけてやれば、電気エネルギーの大きさ自体を計算できるわけだ。

 

例えば、1000ワットの電熱線に5秒電流を流したときに生じる熱量を考えてみよう。

さっきの公式を使えば、

熱量=電力×時間

= 1000 × 5

= 50 [J]

という熱量が発生するはずだ。

 

 

カロリーを知っておくと熱量に敵なし

実はこの熱量というやつは、僕らの生活で身近に使われているよ。

例えば、食品の裏側の成分表示。

エネルギーの欄にカロリー表記がされているよね。

Sponsored link

 

実はこの「カロリー」というやつは熱量の単位のこと。

ジュールではなくカロリーという単位を使っているだけで、言ってることは同じなんだ。

「カロリー」という単位は

水1gの温度1度上げるために必要な熱量のこと

を言っていて、1カロリーをジュールで表してあげると、

約4.2 J

に相当するものなんだ。

 

熱量 求め方 公式

 

だから、熱量の単位をジュールからカロリーに変えたいときは、

4.2で割ってやればカロリー単位で熱量を表せるね

 

熱量 求め方 公式

 

例えば、さっきの50[J]の熱量を発生させた電熱線は何カロリーの熱量だったのか調べてみよう。

5000÷4.2

=1190 cal

だったわけだ。

ちなみに食品の栄養表示のカロリーはただのカロリーではなく、

キロカロリー(kcal)

で表示されることが多い。

キロカロリー(kcal)はカロリーを1000倍した単位になっているよ。

例えば、さっきの1190カロリーというやつは、1000分の1してやるとキロカロリーになるから、

1190÷1000

= 1.19 kcal

になるね。

こんな感じで、ダイエットとかスポーツとかに関連してくるカロリーという表記も合わせて覚えておくと、テストでは敵なしになるだろうから是非覚えてみてね。

 

そんじゃねー

Sponsored link

Ken

Sponsored Link

質問する