【中1理科】3分でわかる!物体と物質の違い〜物質の見分け方まで徹底解説〜

Sponsored Link

物体と物質の違いってなんなの!?

こんにちは!この記事を書いてるKenだよ。チキンが呼んでるね。

 

中1理科の「身のまわりの物質とその性質」では、

  • 物体(ぶったい)
  • 物質(ぶっしつ)

という2つの言葉を勉強していくよね。

 

「物体」と「物質」はすごく似ているし、代々一緒だろ?

と思っちゃうかもね。

これまであまり意識して区別したことがないと思うんだ。

 

今日は、中1理科のテストに出やすい、

物体と物質の違い

をわかりやすく解説していくよ。

よかったら参考にしてみてね。

Sponsored link

 

 

3分でわかる!物体と物質の違い

物体と物質の違いはズバリ、

見分けるときに、何を元に判断するか??

がちがうんだ。

 

具体的にいうと、

  • 物体:見た目と使い方から判断した「もの」
  • 物質:材料で見分けた時の「もの」

 

物体 物質 違い

 

えっ、イマイチわかりにくいだって!?

 

今回は、スプーンという「もの」を例にして、物体と物質の違いを説明していくよ。

物体 物質 違い

 

 

物体とは??

まず物体から。

物体とは、

見た目(形や大きさや使い方)で判断した時の「もの」

をいうんだ。

 

物体 物質 違い

 

たとえば、さっきのスプーンという「もの」をみてみよう。

物体 物質 違い
Sponsored link

こいつはどっからどの角度から見ても、形や大きさとかの見た目が、ぼくらが知っている「スプーン」そのもの。

使い方もたぶん、

「食べたいものを上に乗せて口に運ぶんだろうな!」

ということは推測できるよね??

 

だから、これは、見た目や使い方で判断すると、

スプーンという「物体」

であることがわかるね。

 

物体 物質 違い

 

どんな材料でできていようがスプーンという物体であることには変わりはない。

木でできてようが、プラスチックでできてようが、この物体はスプーンだ。

 

物質とは??

次は物質。

物質とは、材料で見分けた時の「もの」のことだ。

 

物体 物質 違い

 

たとえばさっきのスプーン。

こいつは給食のおばちゃんに聞いて見たら、どうやら銀でできているらしい。

この「もの」の材料は銀でできているから、物質は「銀」だ。

 

物体 物質 違い

 

家庭によっては金のスプーンとかあるかもね。

物体 物質 違い

こいつらはみんな物体としては「スプーン」なんだけど、材料に注目して「物質」として見てあげると、

銀だったり、金だったり、ステンレスだったりするわけね。

物体 物質 違い

 

 

じゃあ、物質の見分け方はどうやるの??

ここまででだいたい物体と物質の違いはわかってきたね。

  • 物体:形や大きさなどの見た目と使い方から判断した「もの」
  • 物質:できてる材料で見分けた時の「もの」

 

でもさ、物体を見分けるのは見た目でわかるから簡単だけど、

物質を見分けるのは難しそうだよね??

Sponsored link

 

 

「あるもの」がどんな材料ででているかなんて、実際見た目じゃよくわからない。

さっきの例でいうと、「銀のスプーン」だって金のスプレーでコーティングしてやれば「金のスプーン」に見えてなくはない。

物体 物質 違い

理科では、見た目じゃわからない「物質」の見分け方は、次の6つの方法を勉強していくんだ。

  1. 手触り・匂いを確かめる
  2. 電気を通すか調べる
  3. 密度を計算
  4. 水に入れてみる
  5. 熱してみる
  6. 薬品を使う

 

たとえば、金にコーティングしたけどじつは銀でできてるスプーンと、金でできたスプーンの物質を見分けることにしよう。

物体 物質 違い

このとき、一番手っ取り早いのは密度を計算する方法だ。

密度の求め方は、

質量÷体積

だったね??

だから、それぞれのスプーンの質量と体積を計測してあげればいいんだ。

物体 物質 違い

そして、密度を計算してみると、物質の密度が露わになるね。

物質の密度は種類に一定だから、すぐに調べるとわかっちゃうんだ。

 

たとえば、銀と金の密度は、

  • 銀の密度:10.49[g]
  • 金の密度:19.32[g]

で一定なはず。

だから、2つのスプーンの密度を計算して、銀に近い密度のスプーンの材料が銀ってことがわかるね。

物体 物質 違い

 

 

物体と物質の違いは「もの」の見分け方の違いだ!

最後に復習しておこう。

物体と物質の違いは、

何を元に「もの」を見分けるのか??

ということが違うんだ。

 

物体は、ものの見た目の大きさや形、使い方から、判断したもののことで、

物体 物質 違い

 

物体 物質 違い

 

物質はできている材料で見分けた時の「もの」のことだったね。

物体 物質 違い 物体 物質 違い

 

ちょっとややこしいけど、大切なところだからしっかりとおさえておこう。

 

そんじゃねー

Ken

勉強好きの元塾講師。Qikeruの編集・執筆をしています。学校の勉強をわかりやすく面白くしたいという想いでサイトを始めました。

LINEでの個別指導をご希望の方はこちらから

Sponsored Link

6 個の質問と回答

  • 物体をつくっている材料としてのものと、
    形や大きさに注目したもの
    って何ですか?

  • 質問する