【中2理科】3分でわかる!直列回路の電圧・電流・抵抗の大きさの求め方

Sponsored Link

直列回路の電圧・電流・抵抗の求め方はどうやるの??

こんにちは!この記事を書いているKenだよ。ニラ、大量摂取したね。

 

この前、電気の回路には、

  • 直列回路
  • 並列回路

の2種類があるって勉強してきたよね??

並列回路 直列回路 違い 見分け方

 

今日はその中でも「直列回路」に目を向けてみよう。

 

直列回路とは導線の道筋が1本になっている回路のことで、一筆書きできる回路が直列だ。

この直列回路に関して覚えておきたいのが、

  • 電流
  • 電圧
  • 抵抗

の3つの求め方。こいつらはむちゃくちゃテストに出やすいし、確か高校の物理でも出てくるぐらい重要なんだ。

 

直列回路の電圧・電流・抵抗の大きさの求め方

今日はこの直列回路の電圧・電流・抵抗の求め方をわかりやすくまとめてみたよ。

 

電流の求め方

直列回路の電流はむちゃくちゃわかりやすくて、

Sponsored link

回路のどこでも一定で同じ大きさの電流の大きさになっているんだ。

たとえば、このA地点で50mAの電流が流れていたとすると、

直列回路 電流 電圧 抵抗 求め方

他のB・C地点でも同じ一定の50mAの電流が流れていることになるのさ。

直列回路 電流 電圧 抵抗 求め方

 

電圧の求め方

直列回路の電圧の求め方はちょっとやっかい。

電圧は、

抵抗ごとにかかる電圧の和が電源の電圧に等しい

というルールがあるよ。

直列回路 電流 電圧 抵抗 求め方

たとえば、3Vの電池があったとしよう。そして、この電池を2つの抵抗にこんな感じでつなげてみる。

もし、抵抗Aにかかる電圧が1Vだったとしよう。

直列回路 電流 電圧 抵抗 求め方

このとき、もう1つの抵抗にかかる電圧は2Vになるんだ。

Sponsored link

なぜなら、抵抗AとBの電圧を足したら電源電圧3Vになるはずだからね。抵抗Aにかかる電圧が1VならBには2Vかかってるはずだ。

直列回路 電流 電圧 抵抗 求め方

つまり、それぞれの抵抗にかかっている電圧をたすと全体の電源の電圧になるってことね。

 

抵抗の求め方

最後に直列回路の抵抗の求め方だね。

こいつは、

回路全体の抵抗は、それぞれの抵抗を足したものに等しい

というルールがあるよ。

直列回路 電流 電圧 抵抗 求め方

たとえば、抵抗Aが100Ω、抵抗Bが200Ωだったとしよう。

直列回路 電流 電圧 抵抗 求め方

このとき、回路全体の抵抗は、その2つの抵抗を足した、

100 + 200

= 300Ω

になるんだ。

直列回路 電流 電圧 抵抗 求め方

こんな感じで、直列回路だったら各抵抗値をたすだけで全体の抵抗が出ちゃうから楽チン楽チン。

 

 

直流回路の問題は基本を押さえていればオッケー

以上が直列回路の電流、電圧、抵抗の求め方だね。

最後に忘れないように復習しておくと、

直列回路の電流はどこでも一定で同じ、

 

電圧はそれぞれの抵抗にかかる電圧を足したら、電源の電圧になって、

直列回路 電流 電圧 抵抗 求め方

全体の抵抗は各抵抗を足したものに等しいんだったね。

直列回路 電流 電圧 抵抗 求め方

基本を押さえたらどんどん問題を解いていこう!

Sponsored link

 

そんじゃねー

Ken

勉強好きの元塾講師。Qikeruの編集・執筆をしています。学校の勉強をわかりやすく面白くしたいという想いでサイトを始めました。

LINEでの個別指導をご希望の方はこちらから

Sponsored Link

無料で質問する