【中2理科】温帯低気圧とは一体何もの??

温帯低気圧ってなに??

こんにちは!この記事を書いているKenだよ。かりんとう、欲しいね。

 

よく天気のニュースで

温帯低気圧

っていう言葉を聞くよね。

実はコイツは、

中緯度で発生する前線つきの低気圧のこと

なんだ。

温帯低気圧

中緯度っていうと、北緯・南緯30~65度のエリアのことを指すから日本で発生する「前線つきの低気圧」も温帯低気圧ってことだね。

日本だと、南東に温暖前線、南西に寒冷前線がくっついる温帯低気圧が多いよ。

Sponsored link
温帯低気圧

 

前線の種類がしっくりきてない・・・!

っていうときは「前線の種類」の記事を読んでみてね。

 

温帯低気圧の一生

温帯低気圧は発生してからまずは、

日本列島を西から東へと移動していく。

温帯低気圧

しかも、前線の長さが日に日に長くなっているという特徴があるんだ。

温帯低気圧

そして、寒冷前線の方が移動スピードが早いから、寒冷前線が温暖前線に追いついてしまうという事態が起きる。

温帯低気圧

そのため、温帯低気圧についている前線は閉塞前線になってしまう部分も出てきたりするんだ。

温帯低気圧

閉塞前線になってしまうと、結局全部冷たい空気になってしまうから、上昇気流が発生しにくく雲ができにくいから、天気は雨になりにくくなる。

 

こんな感じで、温帯低気圧が発生してから徐々に移動しつつ、前線が発達していき、最終的には寒冷前線が温暖前線に追いついて閉塞前線になって一生を終えていくわけだね。

こんな儚い温帯低気圧の一生の流れも復習しておこう。

Sponsored link

 

そんじゃねー

Ken

Sponsored Link

質問する