【中1理科】3分でわかる!蒸散とはなにもの??

スポンサーリンク

蒸散とは一体なにものなの??!

こんにちは!この記事を書いてるKenだよ。麺、摂取したね。

 

中1理科の植物の世界では、

蒸散(じょうさん)

っていう植物の働きを勉強していくよ。

でもさ、ぼくら人間は蒸散したことないし、友達にも蒸散したことがあるやつはそう簡単にいないと思うんだ。

蒸散って漢字も難しいし、おぼえにくい。。。。

蒸散とは

困ったね。

 

そこで今日は、そんな「蒸散」がテストに出てきても困らないように、

蒸散とは何かをわかりやすく解説してみたよ。

Sponsored Link

よかったら参考にしてみてね。

 

 

3分でわかる!蒸散とはいったい何者??

ズバリ、言ってしまおう。

蒸散とは、植物の働きの一種で、

根から吸い上げた水分から、余分なものを水蒸気で外に吐き出すことなんだ。

 

蒸散とは

 

人間でいうと、汗をかいたり尿を出したりする行為に近いかな。

 

いつまでも古い水分を蓄えてたらパンクしちゃうじゃん??

そこで植物は「蒸散」という働きで、余分な水分を外に出しまくってるわけだ。

 

干からびてない健康な植物をね、くるっとビニール袋で巻いてあげたとしよう。

このとき、徐々に水蒸気で袋が曇ってくるはずなんだ。

なぜなら、蒸散で植物が外に水分を出しているからね。

 

蒸散とは

 

ちょっとかわいそうだけど、近くに植物があったら巻いてみてね。

 

 

植物のどこで「蒸散」が行われているの??

んで、「蒸散」はどこで行われているかというと、

気孔

っていう葉っぱについている口みたいな部分で行われているよ。

 

正面から見た気孔

 

>>詳しくは「気孔の働き」を読んでみて

 

気孔のくちびる(孔辺細胞という)を開けたり、閉めたりして、水蒸気を蒸散で植物の外に出しているわけだ。

茎とか、根っことかでは蒸散はできないわけ。

 

だから、葉っぱをすべて切り落としてしまった植物を何分何時間ビニール袋で巻いたとしても、全然くもらないわけだ。

Sponsored Link

蒸散とは

なぜなら、蒸散がおこなわれる気孔がついてる葉っぱがないからね。

 

 

まとめ:蒸散とは「余分な水分を外に吐き出す行為」で「気孔」で行われる!

蒸散とは何かがなんとなくわかったかな??

最後に忘れないようにもう一度まとめてみよう。

 

蒸散とは、

植物が余分な水分を外に出すこと

で、

 

蒸散とは

 

気孔」っていう口みたいなところで蒸散が行われるんだ。

 

蒸散とは

 

  1. 蒸散とは何か
  2. 蒸散が行われる場所

の2つを頭に叩き込んでおこう。

 

そんじゃねー

Ken


スポンサーリンク