【中1理科】3分でわかる!プラスチックの性質

Sponsored Link

プラスチックの性質ってどんなん??

こんにちは!この記事を書いてるKenだよ。全身、緑で決めてみたね。

 

中学1年生の理科では、

プラスチック

を勉強していくよ。プラスチックは又の名を合成樹脂というもので、

石油を元にして人工的に作られた有機物のこと

なんだ。

プラスチック 性質

主に、石油の成分の中でも「ナフタ」という物質を原料にすることが多いね。

 

プラスチックの種類はたくさんあって、それぞれのプラスチックが種類ごとにそれぞれの性質を持ち味にして、僕らの生活に溶け込んでいるんだ。

今日は、そんなプラスチックの性質をさらっと紹介しよう。

Sponsored Link

 

 

3分でわかる!プラスチックの性質

プラスチックには次の5つの性質があるよ。

 

性質1. 加工しやすい

プラスチックは加工しやすい。

プラスチック 性質

お皿とか、消しゴムとか、サランラップとかを作れちゃうわけ。

 

性質2. 色をつけやすい

プラスチックは色だってつけやすい。

プラスチック 性質

 

性質3. 軽い

しかも、軽い。

プラスチック 性質

 

性質4. さびない

しかも、さびない。

プラスチック 性質

 

性質5. くさりにくい

しかもしかも、腐りにくい。

プラスチック 性質

 

性質6. 電気を通さない

ただし、電気は通さない。

プラスチック 性質

 

性質7. 衝撃に強い

しかし、衝撃に強い。

プラスチック 性質

落としても割れないね。

 

 

プラスチックの性質は具体例を思い浮かべて覚えよう

と、以上がプラスチックの性質だよ。

  1. 加工しやすい
  2. 色をつけやすい
  3. 軽い
  4. さびない
  5. くさりにくい
  6. 電気を通さない
  7. 衝撃に強い

 

ただ、プラスチックの性質を覚えるのはつまらないし、正直、覚えにくい。

それぞれの性質が身の回りのプラスチック製品だったらどう当てはまるのか?を想像しながら勉強していくと面白いね。

Sponsored Link

 

そんじゃねー

Ken

Sponsored Link

4 件の質問

  • 無料で勉強の質問をする!