【中1理科】テストに出やすい!力の表し方の3つのポイント〜作用点・力の向き・力の大きさ

Sponsored Link

力の表し方はどうすればいいの??

こんにちは!この記事を書いてるKenだよ。布団、強いね。

 

中1理科の身の回りの現象では「力」について勉強してきたよね。

などなど。

テストには物体に働く力を作図しなさい!ってやつがよく出てくるから、今日は、

力の表し方

について詳しく勉強していこう。

テスト前にここさえ押さえておけば怖いものなしさ。

 

 

中学理科のテストで出やすい!力の表し方の3つのポイント

理科では力を「矢印」を使って表していくよ。

力の表し方

力を矢印で表すとき、次の3つのポイントさえ押さえておけばいいんだ。

Sponsored Link
  1. 力の働く点
  2. 力の向き
  3. 力の大きさ
力の表し方

つまり、力の矢印をどこからかいて、

どの向きにむけ、

どのくらい伸ばすかがポイントってわけさ。

 

力のはたらく点(作用点):どこからかく?

まずは力の表し方のうち最も基本的な、

力のはたらく点

だね。

力の表し方

巷ではこれを「作用点(さようてん)」とも呼んでいるね。

つまり力の矢印をどこからかくのかって話だ。

 

たとえば、机の上の消しゴムを指で押したシチュエーションを考えてみよう。

力の表し方

左から消しゴムを押すと、消しゴムと指が接してるとこから力が始まるはずだね?

力の表し方

逆に右からだったら右側、

力の表し方

上からだったら上から力が始まるはずだ。

力の表し方

 

力の向き:どの方向にむけて?

じゃあ一旦、消しゴムの左サイドから力を加えることにしたとしよう。

つぎは、

Sponsored Link

力をどの向きに働かせるのか?

が重要になってくるよ。

たとえば、机の面に平行にゆっくりとおしたとすると、こんな感じになるし、

力の表し方

消しゴムを下から突き上げるように、力を働かせてやると、こんな感じの力の向きになるはずだね。

力の表し方

 

力の大きさ:どのくらいのばす?

最後は力の大きさだ。

力の表し方の矢印でいうと、

どれくらい矢印を伸ばしてやるのか?

ってことになる。

 

たとえば、消しゴムをそこらへんの小学生がデコピンしたとしたら、このくらいの力の大きさかもしれないけど、

力の表し方

じゃあ力士がデコピンしたらどうなる?

力の表し方

そう。そうだよ。

小学生よりも大きな力で消しゴムに力を及ぼしているはずだ。

力の表し方

力の表し方ではこの力の大きさを矢印の長さで表すから、力士の時は多分これぐらいに力の矢印の長さが長くなるはず。

 

 

 

まとめ:力の表し方は矢印の始まり、向き、終わりでオッケー

以上が力の表し方のポイントだよ。

  1. 力のはたらく点(作用点)
  2. 力の向き
  3. 力の大きさ

の3つのポイントを押さえて、力を矢印で表現していくんだ。

Sponsored Link
力の表し方

力の始まりに点をうって、

力の表し方

力の向き決めて、

力の表し方

最後に大きさを矢印の長さで表現するっと。

力の表し方

これで力の表し方もマスターしたね。理科のテストに作図問題が出てくるかもしれないからよーく復習しておこう。

 

そんじゃねー

Ken

Sponsored Link

無料で勉強の質問をする!