【簡単公式】三角形の面積の求め方がわかる3ステップ

Sponsored Link

三角形の面積の求め方の公式ってなに??

こんにちは!この記事をかいているKenだよ。洗顔大事だね。

 

三角形の面積の求め方の公式

それは、

底辺×高さ÷2

だ。

三角形の面積の求め方 公式

 

底辺をa、高さをbとすると、

1/2ab

であらわせるってわけ。

 

たとえば、

Sponsored Link

底辺6cm、高さ4cmの三角形ABCがいたとしよう。

 

三角形の面積の求め方 公式

 

こいつの面積は、

6×4÷2
= 12 [cm^2]

になるよ。

 

「底辺」と「高さ」がわかれば計算できちゃう。

この公式すげえ。

 

 

三角形の面積の求め方がわかる3ステップ

でもさ、

なんで公式が使えるんだろう??

関係のない「底辺」と「高さ」をかけて、

2でわったらなぜ面積になるのか?

 

三角形の面積の求め方 公式

 

ちょっと白黒つけたいよね。

 

そこで今日は、

三角形の面積の求め方を3ステップで解説していくよ。

よかったら参考にしてみて^^

 

例として、

△ABCの面積を計算していこう。

三角形の面積の求め方 公式

 

 

Step1. 三角形を2つくっつける!

まずは、三角形を2つくっつけて平行四辺形をつくろう!

Sponsored Link

 

△ABCでもおなじさ。

三角形を2つくっつけるよ。

まず△ABCをコピーして、

△A’B’C’をつくる。

 

三角形の面積の求め方 公式

 

んで、△A’B’C’を△ABCと合体させるんだ。

 

三角形の面積の求め方 公式

 

三角形が組み合わさって、

平行四辺形ABC’Dができるはず!!

これが第1ステップさ。

 

 

Step2. 平行四辺形の面積を計算!

つぎは、平行四辺形の面積をもとめるよ。

平行四辺形の面積の求め方は、

1辺×高さ

だったよね??

 

平行四辺形 面積 求め方 公式

 

 

平行四辺形ABC’Dの1辺の長さは6 cm、

高さは4 cm。

 

三角形の面積の求め方 公式

 

だから面積は、

6×4
= 24[cm^2]

Sponsored Link

になるね。

 

 

Step3. 平行四辺形を三角形にもどす!

最後に、平行四辺形を三角形にもどそう。

平行四辺形の面積を2で割ってやればいいんだ。

だって、三角形が2つ含まれているからね。

 

三角形の面積の求め方 公式

 

平行四辺形ABC’Dの面積は「24cm^2」だったよね??

こいつを2で割ってやると、

24 ÷2
= 12[cm^2]

になる。

 

おめでとう!これで三角形の面積を計算できたね!

 

 

まとめ:三角形の面積の求め方は平行四辺形にたよる!

三角形の面積の求め方はどうだった??

  1. 三角形を2つ組み合わせる
  2. 平行四辺形の面積もとめる
  3. 半分にする

の3ステップでいいんだ。あとは、

底辺×高さ÷2

の公式でじゃんじゃん計算していこう!

そんじゃねー

Ken

Sponsored Link

無料で勉強の質問をする!