【中学理科】3分でわかる!純物質と混合物の違い

Sponsored Link

純物質と混合物の違いがよくわからないんだけど?

こんにちは!この記事を書いているKenだよ。端っこ、狙ってたね。

 

中1理科ではいろんな理科の用語が出てくるよね??

今日はその中でも、

  1. 純物質
  2. 混合物

という2つの言葉を勉強していこう。日常生活ではあまり登場しない理科用語だから、最初はてわかりにくいかもしれない。

今日はこいつらがごっちゃ混ぜにならないように、

純物質と混合物の違い

をわかりやすくまとめてみたよ。

 

 

3分でわかる!純物質と混合物の違い

早速、純物質と混合物の違いを見ていこう。

純物質と混合物の違いはズバリ、

何種類のものでできているか??

Sponsored link

が違うんだ。

 

純物質は「1種類の物質」からできているものだ。

 

純物質と混合物 違い

 

一方、混合物は「2種類以上」の物質からできているものなんだ。

 

純物質と混合物 違い

 

たとえば、食塩水を考えるとわかりやすいかな。

 

純物質と混合物 違い

 

食塩水は、

  • 食塩(塩化ナトリウム)

の2つの物質が混じってできているよね??

 

純物質と混合物 違い

 

ってことは、食塩水は2種類以上の物質からできているから、こいつは「混合物」だ。

 

 

純物質と混合物 違い

 

一方、この食塩水を構成している、材料の、

  • 食塩(塩化ナトリウム)

に注目してみよう。

 

純物質と混合物 違い
Sponsored link

 

水は、「水」っていう1種類の物質からできているものだから、こいつは「純物質」。

食塩(塩化ナトリウム)も、塩化ナトリウムっていう1種類に物質からできているからこいつも「純物質」だ。

 

純物質と混合物 違い

 

 

純物質と混合物の具体例をみてみよう!

純物質と混合物の違いをマスターするために、純物質と混合物の具体例をみていこう。

 

日本酒は??

古来から日本人に愛され続ける日本酒。

日本酒はアルコール、水、米、麹などを原料とするお酒だよね。

ってことは、日本酒は、

  • アルコール

など2種類以上の物質からできていることになる。

ってことで、日本酒は混合物だ。

 

二酸化炭素は?

理科の実験でも度々登場する二酸化炭素。

こいつは二酸化炭素っていう1つの物質からできてるね。

ってことで、二酸化炭素は純物質だ。

 

空気は?

ぼくらの周りに浮かんでいる空気。

この空気には、

  • 窒素
  • 酸素
  • 二酸化炭素
  • アルゴン

などなどさまざまな物質が混じっているんだ。

2種類以上の物質からできているから、空気もまた混合物だ。

 

塩酸は?

またまた理科の実験で活躍する塩酸という液体。

塩酸とは、塩化水素の水溶液のことだったね。

 

つまり、水に塩化水素っていう物質が溶けていることになる。

ってことは、塩酸には、

  • 塩酸

っていう2種類の物質からできてることになるね。

ってことで、塩酸も混合物だ。

 

 

純物質と混合物の違いはできている「物質」の数が違う!

以上で、純物質と混合物の違いは終了。

最後にもう一度復習しておこう。

純物質と混合物の違いは、混じっている物質の数が違くて、それぞれ、

Sponsored link
  • 純物質:1種類の物質からできてるもの
  • 混合物:2種類以上の物質からできてるもの

だったね。

 

純物質と混合物 違い

 

それぞれの具体例を確認しながら頭に刻んでいこう。

 

そんじゃねー

Ken

勉強好きの元塾講師。Qikeruの編集・執筆をしています。学校の勉強をわかりやすく面白くしたいという想いでサイトを始めました。

LINEでの個別指導をご希望の方はこちらから

Sponsored Link

4 個の質問と回答

  • 質問する