【簡単公式】五角形の内角の和を3秒で計算できる方法

Sponsored Link

五角形の内角の和は何度??

こんにちは!この記事をかいているKenだよ。チキン、うまいね。

 

五角形の内角の和って何度だろう??

ときどき、そんなこと考えちゃうよね。

 

そんなときは、

多角形の内角の和の公式をつかえば大丈夫。

たぶん、3秒で計算できるよ。

多角形の内角の和 公式

180°×(n-2)

っていう公式のnに「5」を代入してあげる。

多角形の内角の和 公式
Sponsored Link

すると、

180°×(5-2)
= 540°

になる。

つまり、

五角形の内角の和は「540°」ってことさ!

 

 

なんで内角の和が540°になの??

公式をつかえば1秒ぐらいで計算できそうだけど、

そもそもなんで「540°」になってるんだろう??

チョー気になるよね笑

 

その理由は、

五角形の中に三角形が3つも潜んでいるからなんだ。

 

まず、

対角線を2本ひいてみよう。

5角形の内角の和 公式

すると、どうだろう??

三角形が3つも隠れていることがわかるよね。

五角形の内角の和 公式

三角形の内角の和は「180°」で、5角形には三角形が3つもかくれているんだ。

よって、

五角形の内角の和は「三角形の内角の和(180°)」を3倍した

180°×3
= 540°

Sponsored Link

になるのさ。

5角形の内角の和 公式

 

 

 

まとめ:5角形には三角形が3つ入っている!

五角形の内角の和を求めるときは、

180°×(n-2)

のnに5を代入しよう。

テストにでやすいから復習しておいてね^^

そんじゃねー

Ken

Sponsored Link

無料で勉強の質問をする!

※メールアドレスが公開されることはありません