【中1理科】ガスバーナーの使い方がわかる3つのステップ

Sponsored Link

ガスバーナーの使い方をおしえてほしい!

こんにちは!この記事を書いているKenだよ。握りつぶしたいね。

 

中学生の理科の実験でいちばん頻繁に使う実験器具。

それは、

ガスバーナー

だ。

ガスバーナー 名称

ガスバーナーは一言で言ってしまうと、

ガスを使って火をつくる道具のことだったね。

ガスバーナー 名称

使い方もシンプルにしちゃうと、

Sponsored Link

ガスを流して、マッチで点火して、空気をガスに混ぜて炎を強くする

っていう感じだ。

ガスバーナー 名称

今日はもう一歩踏み込んで、ガスバーナーの使い方を詳しく、

  1. 火をつける
  2. 火を調整する
  3. 火を消す

の3つのステップの使い方をそれぞれ詳しくみていこう。

 

ガスバーナー 使い方

 

ガスバーナーの使い方その1「火をつける」

ガスバーナー 使い方

まずはガスバーナーの使い方の第一ステップだ。

このフェーズでは、

ガスバーナーという実験器具を使って火をつけていく方法を勉強していくよ。

 

 

Step1. ねじが閉まってるか確認

まずは、操作を始める前に事前の安全チェック。

ここでは、ガスバーナーの2つのねじである、

  • ガス調節ねじ
  • 空気調節ねじ

の2つがしっかり閉まっているか確認してみよう。

ガスバーナー 使い方

 

なぜチェックしなきゃいけないのか??

それはズバリ、ガス漏れを防ぐためだね。

 

もし、2つのネジを締めてない状態で元栓とコックを開けちゃうと、開けた時点から周囲にガスが蔓延しちゃうことになるね。

ガスバーナー 使い方

この時点で、マッチに火をつけると、自分が把握していないところを漂っているガスに火が着火してしまうかもしれないから危ないんだ。

だから、必ずガスバーナーを使う前はガスを最後にガスを引き留めることになるガス調節ねじと、ガスの火を強化する空気調節ねじはしまっていることを確認してから始めよう。

Sponsored Link

 

 

Step2. 元栓を開ける

続いては、ガスバーナーの元栓を開けてみよう。

ガスバーナー 名称

元栓を開けると、コックの手前までガスが流れてくるはず。

 

Step3. コックを開ける

ガスバーナーのコックを開けよう。

 

ガスバーナー 名称

すると、ガス調節ねじの手前までガスが来てるはず。

 

Step3. マッチで火をつける

次に、マッチで火をつけてガスバーナーの口の近くに近づけてみよう。

ガスバーナー 使い方

 

 

Step4. ガス調節ネジをゆるめる

ガス調節ねじをゆるめよう。少しずつね。

ガスバーナー 使い方

うまくいけば、マッチの火でガスバーナーに炎がつくはずね。

 

ガスバーナー 使い方

 

 

 

ガスバーナーの使い方2「火を調整する」

ガスバーナー 使い方

 

さて、ガスバーナーに灯した火を調整していくよ。

ここでは主に、

  • ガスの量
  • 空気の量

の2つを調整していくんだ。

 

 

Step1. ガスの量を調整する

まずはガスの量を「ガス調節ねじ」を使って調整してみよう。

ガス調節ネジを締めて絞れば、ガスの量が少なくなるから、当然ガスバーナーの炎は小さくなるね。

ガスバーナー 使い方

逆に、ガス調節ねじをゆるめていけば、ガスの量が多くなるから、ガスバーナーの炎は大きくなるよ。

Sponsored Link
ガスバーナー 使い方

 

Step2. 空気の量を調整する

次は、ガスに混ぜる空気の量の調整ね。

空気の量の調整には「空気調節ねじ」を回すんだったね?

ガスバーナー 名称

 

ガス調節ねじが一緒に回らないように抑えながら、「空気調節ねじ」をゆるめていこう。

ガスバーナー 使い方

空気の量が十分ガスに混じると、炎の色が青色に変化するはず。

ガスバーナー 使い方

これは空気の酸素がガスに混じって、火が完全燃焼できている証拠。

 

この状態でものを炙ればススがつかないで綺麗にガスバーナーの炎を使うことができるんだ。

空気が足りないとオレンジの炎になっちゃうし、

ガスバーナー 使い方

空気を入れすぎると、ごおごおと音がなっているはず。

ガスバーナー 使い方

空気調節ねじを回して丁度いい量の空気をガスに送り込んでやろう。

 

 

ガスバーナーの使い方3「火を消す」

ガスバーナー 使い方

 

最後はせっかくつけたガスバーナーの炎を消しにかかるよ。

消し方はいたって、簡単で、炎に近いところから徐々に元に戻していけばいいんだ。

 

Step1. 空気調節ねじをしめる

一番炎に近い空気調節ねじをしめてやろう。

すると、炎の色が青色からオレンジ色に戻るはずだ。

ガスバーナー 使い方

Step2. ガス調節ねじをしめる

次は、ガス調節ねじをしめる。

すると、ガスの流れがガス調節ねじより内側に封じ込められるから、火が消えるはずだね。

 

ガスバーナー 使い方

Step3. コックを閉じる

コックを閉じよう。

ガスバーナー 使い方

 

Step4. 元栓を閉じる

元栓を閉じよう。

ガスバーナー 使い方

 

これでガスの流れを元栓で食い止めてられてるはず。

事故の心配もなしだ。

 

 

 

 

ガスバーナーの使い方は点火・調節・消化の3ステップ

以上が、ガスバーナーの使い方だったよ。

理科の授業では長々と使い方を習うかもしれないけど、やってることは次の3つ。

  1. 火をつける
  2. 火を調整
  3. 火をつける

 

ガスバーナー 使い方

 

意外にも厄介なことに、このガスバーナーの使い方はテストで狙われやすい。。

テスト前によーく復習しておこう。

 

そんじゃねー

Ken

Sponsored Link

無料で勉強の質問をする!

※メールアドレスが公開されることはありません