【徹底図解】3分でわかる!花のつくりとはたらき

Sponsored Link

花のつくりとはたらきがわかる図が欲しい!

こんにちは!この記事を書いてるKenだよ。あちこち暴れてるね。

 

中1の理科では、

花のつくりとはたらき

と言う単元を勉強していくよね??

ここでは、主に、

花のパーツにどういう働きがあるのか??

ってことを学んでいくんだ。

 

 

「花のつくりとはたらき」がわかる図を書いてみた

今日は、ツツジの花のつくりを例にとって、

被子植物の花のつくりとはたらきを振り返ってみよう。

花のつくりとはたらき 図
Sponsored Link

 

その1. 「花粉」

まずは、花粉から。

花粉症で苦しんでる人も多いから、「花粉」って聞いたことがあるんじゃないかな。

花のつくりとはたらき 図

花粉とはズバリ、

植物が子孫を残すために生み出す粉

のこと。

 

その2. 「やく」

で、その花粉はどこに入ってるかというと、

やく

と呼ばれる袋状のパーツに入ってるんだ。

花のつくりとはたらき 図

この「やく」で花粉が生み出され、ここに保存されているわけだ。

 

 

その3. 「おしべ」

んで、その花粉が入ってる「やく」と、それがついてる細長いパーツ全体を、

おしべ

っていうんだ。

花のつくりとはたらき 図

 

ちなみに、「やく」を支えている細長い棒は「花糸(かし)」っていうよ。

「おしべ」= 「やく」+ 「花糸(かし)」

って覚えておこう。

 

 

その4. 「柱頭(ちゅうとう)」

だが、しかし、植物は花粉だけじゃ子孫を残せない。

じつは、

Sponsored Link

花粉が「柱頭」というパーツにくっつかないと、

子孫を残せないようになってるんだ。

花のつくりとはたらき 図

この「柱頭」に「花粉」がつく行為を「受粉」と呼んでいるよ。

花のつくりとはたらき 図

 

その5. 「胚珠(はいしゅ)」

植物が子孫を残す方法は、タネを残すことだ。

でも、どこでタネができるのか疑問に思わない??

 

じつは、花の「胚珠」っていうパーツが将来「タネ」に進化するんだ。

花のつくりとはたらき 図

進化するのは、花粉が柱頭についたとき(受粉)だけ。

 

その6. 「子房(しぼう)」

んで、胚珠はどこにいるかっていうと、

子房

っていう膨らんだ部分に入ってるんだ。

花のつくりとはたらき 図

ただ、胚珠を入れているだけじゃない。

受粉できたら、果実になるところなんだ。

りんごとか、みかんも、元々は子房だったわけね。

 

その7. 「めしべ」

じつは、さっきまで紹介してきた、

  1. 柱頭
  2. 子房

の2つの部分をひっくるめて、

めしべ

Sponsored Link

っていう名前がついてるよ。

花のつくりとはたらき 図

まあ、これは「おにぎり」と「のり」と「ご飯」の関係に似てるね。

おにぎりは、

ご飯

と、

のり

の2つ合わせておにぎりって呼んでるわけだ。

花のつくりとはたらき 図

それと同じで、

子房と柱頭を合わせて「めしべ」と呼ぶと覚えておこう。

 

その8. 「花弁(かべん)」

植物が子孫を残すためには、

柱頭に花粉が付着する必要がある

って習ってきたね??

 

じゃあどうやって、花粉を柱頭につけさせるのかというと、

花弁(花びら)」がその役割を担っているんだ。

花のつくりとはたらき 図

花びらはあざやかな色だったり、いい匂いを放ったりしてない??

じつは、これにより、動物や昆虫を花に引きつけるんだ。

 

花のつくりとはたらき 図

 

そして、花に動物や昆虫が来てもらったときに、自分の花粉をしれっとつける。

花のつくりとはたらき 図

んで、こいつがまた別の花に引き寄せられて花と接触すれば、

さっきの花粉が次の花にくっつくわけだ。

花のつくりとはたらき 図

だから、きれいな花とか、いい匂いのする花とかは、

植物が受粉するために作られたに備えた機能だったわけね。

 

 

その9. 「がく」

子孫を残すために大事な「花弁」を支えるのが、

がく

っていうパーツだ。

 

花弁の下についてるパーツのこと。

「がく」がないと、花弁が安定しないから、動物や昆虫を引き寄せることができないわけね。

 

花のつくりとはたらき 図

 

 

 

まとめ:「花のつくり」は「はたらき」を考えればわかりやすい!

以上が花のつくりとはたらきだよ。

  • 花粉:植物が子孫を作るための粉
  • やく:花粉を入れる袋
  • おしべ:やくがついてる細長いパーツ
  • 柱頭:花粉がつくと受粉が起きるところ
  • 胚珠:将来、タネになるところ
  • 子房:胚珠が入ったところ。将来、果実になる
  • めしべ:子房+柱頭
  • 花弁:花ひらのこと。動物や昆虫を引きつける
  • がく:花弁を支えるパーツ

花のつくりのそれぞれのパーツが、どういう働きをしているのか??

を考えると覚えやすいよ。

 

そんじゃねー

Ken

Sponsored Link

1 件の質問

  • ナデシコ科のテルスターの花のつくりについて教えてください!

  • 無料で勉強の質問をする!