【中1理科】3分でわかる!蒸留とは一体なにもの??

Sponsored Link

蒸留とは一体何者なんだろう??

こんにちは!この記事を書いているKenだよ。ジンジャー注入したね。

 

中1理科の身のまわりの物質では、

蒸留(じょうりゅう)

という言葉を勉強していくよね??

中学理科の授業では蒸留っていう言葉がテストにでやすいだけじゃなくて、蒸留の実験も行われたりするから、蒸留とは何かを理解しておくに越したことはないんだ。

 

そこで今日は、中学理科で勉強する蒸留とはなにかをわかりやすく解説していくよ。

よかったら参考にしてみて。

 

 

3分でわかる!蒸留とはなにもの??

ズバリ、蒸留とは、

ある液体の物質を気体にして、液体にもう一回戻して取り出すこと

なんだ。

Sponsored Link
蒸留とは

 

たとえば、25℃の水を蒸留で取り出すシチュエーションを想像してみてくれ。

蒸留とは

まず、水を熱して、100度まで持っていく。

すると、水が気体の水蒸気になっていくから、この水蒸気を取りこぼさないように確保。

 

そして、この水蒸気をもう一回冷やすことで、水に戻して、水自体をゲットするわけだ。

これが蒸留。

 

 

なんで蒸留が必要なの??

ただ、蒸留の真価が問われるのは、

色々混ざっている液体から、ある特定の液体を取り出したいとき

なんだ。

 

蒸留とは

 

さっきの水の例だと、別に蒸留する意味なんて何もないからね。

 

物質の種類によって、沸点が異なることを利用していくよ。

とりえあず、いろいろ混じっている液体を熱してみる。

すると、沸点が低い物質は、他の物質よりも先に気体になるよね??

 

ってことは、気体になっているのはこの沸点の低い物質だけだ。

だから、この気体を冷やして液体にしてみると、液体の純度100%の液体が取り出せるわけね。

これが本当の蒸留だ。

 

蒸留とは

 

たとえば、水とエタノールが混じった液体があるとしよう。

Sponsored Link

こいつを熱してあげると、どうなる??

エタノールの方が水よりも沸点が低いから、まずはエタノールの方が気体になっていくんだ。

 

蒸留とは

 

この出てきた気体を冷やすと、水が混ざっていないエタノールを100%の純度で取り出せるわけだ。

 

 

蒸留とは、沸点の異なる物質を純度100%で取り出す方法

以上が蒸留だったね。

最後に復習しておこう。

 

蒸留とは、

ある液体の物質を熱して気体にして、冷やして液体に戻して取り出す方法だ。

 

蒸留とは

 

なぜ蒸留を行うかというと、

沸点の異なる物質が混ざった混合物から、特定の物質を取り出すためなんだ。

 

蒸留とは

 

蒸留はテストにでやすいからよーく復習しておこう。

 

そんじゃねー

Ken

Sponsored Link

無料で勉強の質問をする!