【中学数学】関数に必要な「座標」ってなにもの??

Sponsored Link

 

関数にでてくる「座標」っていったいなにもの??

こんにちは、この記事を書いているKenだよ。カレーはだんぜん辛口派だね。

 

中1数学でならう関数で登場するのが、

座標(ざひょう)

っていう言葉。「がびょう」ならきいたことあるけど「座標(ざひょう)」っていったい何者??

なんで関数と一緒に勉強しなきゃいけないんだろう。

中学数学 座標

今日はそんな疑問にこたえるために、

関数に必要な「座標」とはなにものか??

ということを解説していくね。中学数学の座標がよくわからん!ってときは参考にしてみてくれ^^

~もくじ~

Sponsored Link
  1. 座標とはなに??
  2. なぜ関数に座標が必要なのか??
  3. 座標のルール

 

 

座標とはいったいなんだろう??

まず座標とはいったい何ものなんだろうか。オンライン大百科Wikipediaでちょいと調べてみると、

点の位置を明確にするために与えられる数の組のこと

らしいね。なるほど、数の組のことを言うんだね。

 

中1数学ではおもに、

xとyの数の組

を座標として表すんだ。たとえば、(x, y) = (8, 9)といったぐあいに。これはxが8のとき、yは9ですよーって言っている。

しかも、下の方眼紙みたいなものに座標をかくことが多いね。

こんな感じで↓↓

座標

 

関数の勉強に座標が必要になるのはなんで???

じゃあ、なんで関数のために座標をつかわなきゃいけないんだろう!??

ちょっとだるいしかっこよくないよね笑

 

その訳は、関数の性質にあるんだ。

関数とはなにか?という記事で、

関数は、

「何を入れるか」によって「出てくるもの」が違うマシーン

って習ったよね??

たとえばAをいれたらBが出てくる関数があったとしよう。

関数とは

 

この関数にCを入れたらDがでてくる。

関数とは
Sponsored Link

xを入れたらyが出てくる、

関数とはといった具合に、

何を入れるかによって出てくる値がちがうんだ!

つまり、

関数を勉強する上でいちばん大切なのは、

「入れる数」と「出てくる数」の関係

なんだ。

 

かりに、yはxの関数であるとすると、入れる数にあたるのが「x」、出てくる数にあたるのは「y」ということになるよね??

だから、

座標をつかって、

(x, y) = (8, 9)

というふうに、関数にいれる数(x)と出てくる数(y)のセットをまとめてあげるんだ。そうすると、xとyの関係をわかりやすくなるでしょ??

これが関数と座標を一緒に勉強する意味だよ。

 

 

まとめ:関数で座標を勉強するのは「xとyの関係」をわかりやすくするため

ここまでの座標の説明はどうだったかな??

ちょっとめんどくさい気がするけど、一度コツがわかってしまえば座標の問題はカンタンさ。

だけど、いちばん大事なのは、

なぜ、関数の勉強に「座標」が必要なのか??

ということ理解していること。これに尽きる。

関数を勉強していて迷ったときは読み返してみてね^^

そんじゃねー!

Sponsored Link

Ken

 

Sponsored Link

無料で勉強の質問をする!