【簡単公式】コインの確率を3秒で計算できる求め方

Sponsored Link

コインの確率がわかる公式を知りたい!

こんにちは!この記事をかいているKenだよ。コイン、ほしいね。

 

コインの確率の問題ってでてくるよね??

具体的にいうと、

〜枚のコインを投げて○○が△△回でる確率を求めなさい

ってやつだ。

 

コイン 確率 公式

 

コインの確率がわかると便利。

勝負やゲームに強くなる。

テストの点数もあがる。

いいとこづくしなんだ。

Sponsored link

今日はコインの確率を一瞬で計算できる公式を紹介していくよ。

よかったら参考にしてみて^^

 

 

超簡単!コインの確率を3秒で計算できる公式

コインの枚数をn、求めたいコインの場合の数をaとしよう。

このときのコインの確率は、

a÷2^n

で計算できるんだ。

 

コイン 確率 公式

 

 

「コインの枚数」と「ある場合の数」さえわかればいいってことだね。

 

たとえば、つぎの例題をといてみよう。

 

例題

3枚のコインをなげてすべて表になる確率を計算しなさい。

確率の求め方 公式 計算式

 

3ステップで確率を計算できちゃうよ。

  1. 樹形図をかく
  2. 場合の数調べる
  3. コインの公式をつかう

 

 

Step1. 樹形図をかく

まず樹形図をかこう。

出る目は「表」か「裏」のどちらかだよね??

Sponsored link

だから樹形図はこうなるはず↓↓

 

確率の求め方 公式 計算式

 

※ 樹形図の書き方を参考にしてみてね。

 

 

Step2. 場合の数を調べる

求めたい場合の数をしらべてみよう。

例題では、

3枚のコインがすべて表になる確率

を計算したかったんだよね??

 

コイン確率 公式

 

 

 

さっきの樹形図をみてみよう。

「3枚すべてのコインが表になる場合の数」は、

1通りしかないね。

 

確率の求め方 公式 計算式

うん、どうみても1つだ。

 

 

Step3. コインの公式をつかう

公式をつかおう。

 

例題では、

コインの枚数が「3」、表になる場合の数は「1」。

だから、コインの確率公式をつかってやると、

 

(すべて表になる場合の数)÷(2のコインの枚数乗)
= 1÷2^3
= 1/8

になるね。

コイン 確率 公式

おめでとう!

これでコインの確率もマスターだね^^

 

 

まとめ:コインの確率は公式を使えば一発!!

コインの確率は簡単。

  • なげるコインの枚数
  • 求めたい場合の数

の2つさえわかればいいからね。

あとは公式で計算してみよう。

Sponsored link

そんじゃねー

Ken

勉強好きの元塾講師。Qikeruの編集・執筆をしています。学校の勉強をわかりやすく面白くしたいという想いでサイトを始めました。

LINEでの個別指導をご希望の方はこちらから

Sponsored Link

9 個の質問と回答

  • 1円5円10円50円100円500円の硬貨を1枚ずつ計6枚を一度に投げるとき、100円玉とその他2枚の硬貨が表となる確率は?(表となる硬貨は3枚である)

  • >1円5円10円50円100円500円の硬貨を1枚ずつ計6枚を一度に投げるとき、100円玉とその他2枚の硬貨が表となる確率は?(表となる硬貨は3枚である)

    100円の他に表になるコインの選び方の場合の数を計算しよう

  • 1枚の硬貨を三回続けて投げるとき、表が2回、裏が一回出る確率を求めなさい。

  • >1枚の硬貨を三回続けて投げるとき、表が2回、裏が一回出る確率を求めなさい。

    まずはコイン2枚投げ時のすべの場合の数を求めてみよう。
    あとは、表2回、裏1回になるパターンの数を数えればいいね

  • 6枚の硬貨を同時に投げる時、少なくとも一枚は表が出る確率は❓であり、表が2枚以上出る確率は?である。ただし、どの硬貨も表と裏がそれぞれ1/2の確率で出るものとする。

  • >6枚の硬貨を同時に投げる時、少なくとも一枚は表が出る確率は❓であり、表が2枚以上出る確率は?である。

    少なくとも一枚ってことは、全部裏になる確率を求めて、そいつを1から引けばいいよ。
    表が2回以上出る場合は、表が1回だけでる確率を求めてそいつを1から引いてみよう

  • >1枚のコインを10回投げる時、表がちょうど3回出る確率を求めよ。

    樹形図を描くとわかりやすいよ!
    3回目以降の場合の数を数えてみよう

  • 無料で質問する