【等式・不等式】2種類の「関係を表す式」を理解する方法

Sponsored Link

 

「関係を表す式」にはたった2種類しかない??

こんにちは、この記事を書いているKennyです。銭湯で汗を流したい気分です。

 

中学1年生で勉強する「文字式」もいよいよ終わっちゃいます。文字式というヤッカイな単元が終わってせいせいしますね?? 今日で文字式の記事は終了です。

関係を表す式 等式 不等式

だがしかし、今日勉強する「関係を表す式」は今までの文字式とはひと味もふた味も異なります。

今までは、

文字を使って「計算」を表していました。たとえば、3x+yといった感じ。もしxとyに数字を入れたら「式の値」を求めることができましたね??

今日、この文字式の最後の単元では、

文字を使って「関係を表す式」をつくってみます。

つまり、単なる「計算」ではなくて「関係を表す式」だということ。

この点に注意してくださいね。

Sponsored Link

 

 

「不等式・等式」という2種類の「関係を表す式」

中学1年の数学で勉強する「関係を表す式」には以下の2種類存在しています。

  1. 等式
  2. 不等式

「関係を表す式」とは「右と左の式」の値の関係を表わしている式です。「関係を表す式」で左側の式のことを「左辺(さへん)」といい、右側の式のことを「右辺(うへん)」と呼んでいます。

左側にある式が左辺、右のやつが右辺。わかりやすいですね!

そんで、左辺と右辺の間には「等号」か「不等号」が挟まれているんです。「等式」の場合は「等号=」が、「不等式」のときは「不等号 <>」が挟まっています。

関係を表す式 等式 不等式

2つの「関係を表す式」である「等式」と「不等式」について詳しくみていきましょう。

 

等式の意味とは??

等式とは、

2つの数量が等しいこと示した式

です。「左の計算式(左辺)」と「右の計算式(右辺)」の値が等しいということを意味します。等式では左辺と右辺のあいだに「等号=」を間に挟みます。たとえば、

6x-8と、

4y+3という2つの文字式が等しいとします。この関係をを等式で表現したとしましょう。すると、この等式は等号「=」をはさんで、

6x-8 = 4y+3

となります。左辺と右辺の2つの計算式で「等号=」をサンドイッチするだけです。リアルな世界でサンドイッチをこねるよりカンタンですよね笑

 

不等式の意味とは??

不等式とは、

等しくない、2つの式の大小関係を表した式

です。等式のときと異なり、2つの計算式は等しくありません。左辺が大きくなることもあれば、右辺が大きくなることもあります。

たとえば先ほどの例を再利用して、

6x-8のほうが、

4y+3よりも大きいことを表した不等式をつくってみましょう。「>」という不等号を用いれば、

6x-8 > 4y+3

Sponsored Link

という不等式が誕生します。みごとに左辺と右辺の文字式で「>」という不等号をサンドイッチしています。逆に、4y+3のほうが大きい場合は「<」という逆の不等号を使ってやりましょう。

不等式でつかえる不等号には次の4種類あります。

  • ≦(小なりイコール)
  • ≧(大なりイコール)
  • >(大なり)
  • <(小なり)

えっ。「≦」と「<」の違いがわからないですって?? そんな中学生のために「不等号の意味」についての記事を書いてみました。よかったら参考にしてくださいね。

 

等式も不等式もどーんとこい!

中学1年生の数学で押さえるべき「関係を表す式」は、

  1. 等式(=)
  2. 不等式(>, <)

の2種類だけ。上で解説した2つの意味を覚えれば大丈夫。どんな文字式の関係だって表すことができます。「関係を表す式」は次の章で勉強する「方程式」で大活躍します。今のうちに等式や不等式の使い方をマスターしておきましょう。

それじゃーね!

Kenny

Sponsored Link

9 件の質問

  • 私の学校の数字の先生の教えかたが下手くそで文字の式が分かりません。どうしたらいいですか?

  • >私の学校の数字の先生の教えかたが下手くそで文字の式が分かりません。どうしたらいいですか?

    Qikeruで勉強しよう笑

  • りんごが、一つのかごにはがa個、もう一つのかごにはb個入っていたとする。
    二つの入っているりんごの数を合わせても、もう一つのかごのx個より少ない。
    どういうことか分かりますか?

  • >りんごが、一つのかごにはがa個、もう一つのかごにはb個入っていたとする。
    二つの入っているりんごの数を合わせても、もう一つのかごのx個より少ない。
    どういうことか分かりますか?

    これは不等式の問題だね。
    aとb個のリンゴを足した個数を文字で表して、それがxより小さいことを
    不等式で表せばいいんだ

  • >10 にxを足すと2になるの意味がわからない
    Xがマイナス8のやつだね

  • 現在aさんはx歳、父はy歳である。
    10年後には、父の年齢がaさん年齢の2倍になる。

  • >現在aさんはx歳、父はy歳である。
    10年後には、父の年齢がaさん年齢の2倍になる。

    10年たつと年齢は+10になるよね?
    そのときのaさんと父の年齢をxとyで表してみよう。
    あとは、「父の年齢がaさん年齢の2倍になる」という等式を作ってみよう

  • 無料で勉強の質問をする!